FC2ブログ

2019の畑

芽たちの饗宴

 GWに種まきをして、早2週間。次々とかわいい芽吹きが始まっています。

 少し前にポットに植えていたサヤエンドウや矢車草はジリジリと成長している感じ。真っ先に双葉ちゃんを出現させたのはタフガイでおなじみ、アブラナ科の植物たちです。わさび菜と赤カラシ菜。2年くらい前の種にも関わらず(種は長く置くと発芽率が下がっていくそうです)百発百中の発芽率!タフガイの名に恥じない頑丈な奴らです。双葉は丸みがあってかわいい♡

わさび菜芽

 そして次に芽を出したのは意外にもニンジン殿でした。彼らは11月くらいまで土の中にいて、気がついたときには二股や三股になり絡みまくって大変なことになってしまうので、今年は余裕を持って広めに種は少なめに撒いてみました。さてどうなることやら。しかし線のように弱々しい双葉なので、昨日水をあげに行った時には悲しいかな、一部の子たちは干からびていました。涙。本当は不織布などで覆って乾燥しないようにしてあげないといけないんですよね。否、自然とは厳しいモノなんだから、しっかり根を張って頑張れ!

ニンジン芽

 それに対して雑草に分類される諸君は、それはそれは頑丈です。植えてもいないコリアンダー、そして藍。藍は3年目となりますが、植えたのは3年前の一度きりで、それ以来は勝手に生えてきてくれます。赤い双葉がかわいらしい、丸葉の藍です。コリアンダーも、全く植えてないところも含め、いろんなところから出てきます。しかも植えていないところなので水もかけず、見るからにカラッカラの土の植えでもツヤツヤの双葉を広げています。コリアンダーっぽいギザギザの葉が出てくるとこれまたかわいい。大事に育てよう!と思います。

藍芽  パクチー芽

 いちじくの芽も出てきました。無花果というだけあって、花も、なんなら葉も出る前から実がつくという、とっても不思議な木。遠目に見ると、光の加減か、若葉がまるで発光しているように見えます。神々しきかな。イブが食べたくなっちゃう気持ちもわかるわね。ズッキーニもようやくパカッと双葉を開きました。ズッキーニを種から植えるのは初めて。ちゃんと大きくなれるかな。

いちじく芽  いちじくの目覚め

 ほとんど手のかからないジャガイモ君も続々顔をのぞかせてきました。もう少し伸びたら土寄せと肥料やりをしなければなりません。アンデスの痩せた土地にも実をつけるジャガイモ君、たくましいことです。肥料をあげるとグンと大きくなってくれます。トマトっこも芽を出してきました。この子達は今はこんなにかわいい顔していますが、8月くらいになると手のつけられないほど伸びまくります。昨年、一昨年はトマトジャングルに覆われましたから、今年はもう少し厳しく管理していこうと思います!

トマト芽

 去年とてもおいしかったという期待を一身に背負った枝豆達はまだ沈黙を守っております。去年は一気に採れすぎたので、今年は時間差で植えてみます。今年の注目ハーブはオレガノとマージョラム。根付けば毎年生えてくれることと思います。アロマティークが浪館にあったとき、玄関先にはマージョラムがモリモリと生えていました。いつも葉っぱを触っては香りを楽しんでいました。しかしまるで砂粒のごとき極小の種で、去年は失敗しましたので、今年はポットに植えました。種同様、なんとも頼りない小~~さな双葉が出てきましたが、いつ地植えしたらいいんだろう。乾燥にも青虫の攻撃にも耐えられそうにない雰囲気ですが。。もう少しおいておくか。

 そろそろ一回雨が降ってくれると助かるんだけどな~とか。明日も晴れるなら今日は夕方に水をかけに行こうか、とか。今時期は畑と天気に大分気を取られますが、これも畑女子の宿命ですね。今年も収穫祭めざし、頑張るぞ~~!!結局ゴールはそこ!おまけにささら庭のた~け~の~こ~♡

たけのこさん

5月さゝらは・・

鉛筆色鉛筆画展
鉛筆の美学 伊藤寛と生徒達

鉛筆画

5/12(日)~6/2(日)
月~土10:00~15:00  /  日・祝11:00~16:00
(定休日:毎週火&水曜日)

ランチ:トースト&サラダセット \600 etc..  珈琲コーヒー¥400
※ 出展者募集中!! さゝらで展示してみたい方、また、打ち合わせや会議などの場所としてもご利用いただけます。
  お気軽にお問い合わせください!→ ranaclacla@gmail.com 

 みなさんは鉛筆を使いますか?私は高校を卒業したときに、消しゴムを使うのがめんどくさくて、「もう鉛筆は使わない!」と決め、それ以来はペンばかり使っていました。大学のノートもすべてボールペンかカラーペンを使っていました。数年前に消しゴムハンコを作ろう!となった時に、教えてくれた友達にシャーペンあるかと聞かれ、持っていないと言ったらすごく驚かれました。今は、サロンではない職場でシャーペンを使う必要があるので持っています。なくても生活には困らないんですけどね~。

 と思っていましたが!鉛筆で何でも書いちゃう人たちがいました!!まさに、鉛筆さえあれば何でも描ける、って感じで目からウロコの素晴らしい作品ばかりです♪全く、見れば見るほど鉛筆だけで描いているというのが信じられません!

鉛筆展1  鉛筆画展2  鉛筆画初心者!?

 伊藤寛先生と、生徒さん達の作品が並んでいます。先生はとっても教えるのがお上手だそうで、初めて半年ほどの方も大変素晴らしい作品をお描きになっていました!才能があったのは間違いないですね!初めて2,3年という方も多いそうで、才能のある方が引き寄せられるのでしょうか。

 いろいろとコツがあるそうで、ささらママも手慰みに描いた猫ちゃんを見てもらったら、とてもわかりやすく指導してくれたそうです。私は描ける気が全くしませんが、見るのはとっても楽しいです。鉛筆の可能性をものすごく感じる作品展となっております。 6/2には撤収してしまいますので、ご興味のある方はお早めにどうぞ!

ポストカート1  ポストカード2  ささらママの鉛筆画

Happy GW!!

あおもりぐ~るぐる

 みなさま10連休いかがお過ごしでしたか。長い長いと思っていましたが、過ぎてみるとあっという間でしたね。サービス業はみんなが休みの時にこそ働くモノですので、普段は仕事のことが多いのですが、なぜか今年に限って休みが非常に多く、思いがけずエンジョイしてしまいました。

 GWの幕開けは、ささらの庭のタラの芽の天ぷらから♪天気の回復を待っているうちに少し大きくなってしまいましたが、春の香りに満ちていてとってもおいしかったです!!少し肌寒かったですが、外でご飯を食べられる暖かさになってきてのもなんだかウキウキしつつ。

ウチの桜もよきかな  待ってました!!

 混雑が苦手になってずいぶん経ちます。弘前の桜も好きですが、数年前までは混雑を避けて早朝にお花見に行っていましたが、今年は友人に誘われて久々昼間の弘前へ。お昼にかけてどんどん人が増え、帰る頃にはまっすぐに進めないほどの人ヒトヒト。たこ焼きに並び、オートバイサーカスに並び(これは初めてだったけどスリル満点で面白かった!)、ランチのお店でも1時間待ち。よく待ったなぁ~~。でも弘前の桜は満開をちょっと過ぎてもキレイ!!天晴。 

弘前城の桜はやっぱりキレイ  弘前城花筏  ひねもすのたり

 そして別の日は下北へ。ハマナス花摘み体験の下見?をかねて。ニオイコブシやコブシの木を探しつつ、寒立馬を眺め、海岸のハマナスの若葉を愛で、仏ヶ浦を見下ろし、黒文字の花を見つけては盛り上がり、脇ノ沢のお猿と見つめ合い、サイゲンジやエレカシ、90年代の音楽で盛り上がり、とっぷりと日の暮れた青森へ戻りました。広いけど、日帰りでなんとか回れるね、下北!

寒立馬を見たり  浜のハマナス観察をしたり  仏ヶ浦を見たり  黒文字in下北

 そして別の日は、田沢湖でキャンプ、改め、茂浦でBBQ&キャンプ!田沢湖は雪の予報があったので、変更しました。桜にも平気で雪の積もる青森ですから、用心に越したことはありませんよね。夜は妹夫婦と星空の下で焚き火を囲んで乾杯。炎を見ていると右脳と左脳のバランスが整うと聞いたことがあります。パチパチとはぜる音を聞きながら、とってもいい気分で早めに就寝。次の日は横浜町の菜の花(6割くらいでした、惜しい!)を見たり、寺山修司記念館フェスティバルでオドラデク劇場を鑑賞し、もう一晩泊まって帰りました。2泊するととってもゆったりした気分。

茂浦海岸  黒文字in茂浦  BBQをしたり  焚き火をしたり

 お休みのさなかにも、アスパム1階の北彩館に置かせてもらうことになった白神アロマの様子をうかがいに、また、外国人のお客様向けに、英語のポップを作って持って行ったり、ちょこちょこ仕事も挟みながら、GWオオトリのイベントは古典インド音楽のライブでした。ゆざーんさんのタブラと、新井さんのサントゥールという弦楽器のデュオ。マジック、もしくは早送りとしか思えない手さばきに、サントゥールのエキゾチックな調べがとてもステキにマッチしていました。

菜の花はまだ6割  寺山修司記念館フェス  アスパム一階

 あっという間の10連休、たくさん遊んで、まるで子供の頃の夏休みのような、童心に返った日々でした♪

4月さゝらは・・・

高橋憲悦 油絵展

冬の、

4/11(木)~4/22(月)
月~土10:00~15:00  /  日・祝11:00~16:00
(定休日:毎週火&水曜日)

ランチ:トースト&サラダセット \600 etc..  珈琲コーヒー¥400
※ 出展者募集中!! さゝらで展示してみたい方、また、打ち合わせや会議などの場所としてもご利用いただけます。
  お気軽にお問い合わせください!→ ranaclacla@gmail.com 

高橋憲悦 油絵展  お馬さん  額縁もかっこよい

 4月前半は高橋憲悦さんの油絵展となっております。期間が短めなので、お早めにお越し下さいませ。

 すがすがしい緑の風景の中に颯爽と駆けてゆくお馬さんの絵が多いイメージだったのですが、今回はお馬さんは一点。後は風景がや静物画が静かに並んでいます。冬の八甲田山や奥入瀬、岩木山、青森はホントに絵になる風景が多いですね。油絵歴はそんなに長くないというお話でしたが、熟練のタッチで青森の風景を描き出しています。

 春の陽気と冬の名残の寒さを繰り返し繰り返して春になっていくって、わかってはいるのすが、体調管理の難しい今日この頃、皆様くれぐれもご体調にお気を付け下さいね。私はようやく不調期を脱したっぽいので、ぶり返さないよう細心の注意を払って暮らしたいと思います。記憶にあるほど丈夫とはいえないお年頃になってきたようでございますね。


3月さゝらは・・

一五〇歳のひな人形展

ひなポスター

3/2(木)~3/31(木)
月~土10:00~15:00  /  日・祝11:00~16:00
(定休日:毎週火&水曜日)

ランチ:トースト&サラダセット \600 etc..  珈琲コーヒー¥400
※出展者募集中!さゝらで展示してみたい方、ぜひぜひお問い合わせください! → ranaclacla@gmail.com

お内裏様とおひな様 三人官女の内二人 バチなし小僧

今月ささらでは、どど~~んとおひな様が飾られています!我が家にもおひな様はありましたが、飾ったのは小学校低学年くらいまでだったかな?いつのまにか出すのも片付けるのも面倒になり、我々もそれほどよろこばなくなったので出さなくなった、って感じだったでしょうか。現代の家におひな様を飾ると、なんとなく不釣り合いというか、感激!というより先に唐突な感じがしてしまいますが、昔の家庭ではきっと、年に一度の女の子のお祭り、皆おめかしして、ひなあられを食べたり手鞠で遊んだり、家族単位の小さなお祭りとして成立していたのではないでしょうか。

 150歳というのは、さゝらママのお母様(私から見ると祖母)が子供の頃から家にあったおひな様、ということだそうです。その当時もすでに買ったばかりの新品ではなかったそうなので、150年くらい経ってるのかもね、ということです。私のイメージしているおひな様と比べると全体的に小顔ちゃん。お顔立ちもそんなにご長寿とは思えないほどキレイ。

 そして壁には初代(二代目?)持ち主であるさゝらママのお母様登美子さんの俳句も飾ってあります。同じ俳句でも、真冬に読むのと春を迎える時に読むのでは受ける印象が変わります。不思議。

「 茶柱の ゆらゆら 雪の三日月 」 「 散り果てて 解脱のかろき 八重桜 」

 おひな様のほかにも、その当時のお人形や、ままごと道具? のようなミニチュアの諸々も飾っています。洋服と和服の中間のような白い服を着た女性のお人形があり、変わった服だな、と思っていると、当時(大正時代?)の看護婦さんの服だったそうです。なかなか渋いですね。

 少し早い春を迎えつつある今日この頃、うららかな午後にお抹茶やお珈琲をいただきながらおひな様を鑑賞してみてはいかがでしょうか。
ナース女史 お道具一式 登美子俳句
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード