5月さゝらは・・

引き続き、ボロのはり絵

 とっても暖かくなりましたね。皆様ゴールデンウィークは楽しく過ごされましたでしょうか?ニュースではネモフィラという青い花の咲く花フェスが話題になっていましたね。藤の花の咲いているところもありました。青森でも八重桜が満開ですね!モコモコしてかわいいですね。

 私はGWは仕事もありましたし、暇な時間は畑をやろうと決めていました。諸事情により取り掛かるのが少し遅かったかもしれないけど、寒からず、風もあったのでそれほどには暑からず、畑作業にはよいお天気でした。今年もいろいろ種をまきました。今年はあまり欲張らず、計画的に!そして、二日おきくらいに雨が降ってくれると助かるんだけどな~。。神様、よろしく!

 さゝらは5月も「ボロのはり絵」を展示しています。眺めていても全然疲れないし、さゝらの壁のグレーにもとてもあっていると思います。ぜひゆったりした時間を過ごしに来てくださいね。

 さて、話は少し変わりますが、さゝらママは若いよね、元気だよね、とよく言われます。その理由の一つに、オシャレを楽しんでいることがあるのではないかと思います。いつもとてもオシャレにしているので、その日限りっていうのがもったいないような気がしたので、時々ポートレートを撮ることにしました♪せっかくなのでブログにも載せちゃいます!

 最近は帽子にはまっているそう。黄色いベレー帽はよく似合うけど100円くらいだったとか。お買い物上手~~☆

さゝらママ②  4月のさゝらママ③  4月のさゝらママ④

化学成分の香り

香りの試薬嗅ぎ放題

 先日、あおもりアロマ研究会の例会で、工総研にて、香りの試薬を嗅いできました!化学成分の香りをかぐのは初めてではありませんでしたが、たぶん前に嗅いだのは10年くらい前だと思うので、記憶をリニューアル するのにとても良い機会でした。

 今回かがせてもらったのは、リナロール、ゲラニオール、酢酸ゲラニル、リモネン、カルボン、1.8シネオール、そしてオマケの1.4シネオール!なんじゃそりゃ!アロマを勉強している人ならだれでも思わず突っ込みたくなる数字です。

工総研にて  メジャーどころの化学成分  

 化学成分というくらいだから化学的な香りなのだろうと想像していましたが、なんのその。どれも、「なるほどね!」といいたくなるような、特徴的な香りでしたが、香料というイメージとは違い、精油の香りにとても似通っていました。例えば、「リナロール」の香りはクロモジのような香に感じましたし、ゲラニオールなどはバラのような雰囲気を感じました。逆にゲラニオールをバラと感じなかったという人もいました。それはその人が「バラ の香り」と認識している香りのエリアがゲラニオールではなかったということなのでしょう。とても興味深いことです。

 1.8シネオールはいかにもユーカリグロブルスやローズマリーを思わせる香り。私にとっては中くらいの高さで横にふわ~っと広がる香り。そしてお待ちかね、1.4シネオールは・・・石油かな、と思うような強烈な香りでした。香りのある試薬は、やはり香りの研究をするときなどに使うことが多いそうです。こういう香りも必要があるもんなのかな。

 もう一つ衝撃的だったこと。しばらく時間をおいてもう一度香りを嗅いでみると、ものすごく変化していたということ!!自分の中では、精油の香りの移り変わっていく様子は、成分の揮発する順番によるものだと思っていたので、ドびっくりしました 一つの化学成分でこんなに変わるなんて、と思うほど激変していました。これもまた精油と似た性質ですね。ちなみに1.4シネオールも優しいお花調に変化していました!

 精油とは化学成分の集まりですよ、というのは講座などすると必ず説明しますが、改めて、化学成分そのものなんだな、と確認できました。そして香りの化学成分とは、自然界に存在する精油などの芳香物質から抜き出したのがもとになっているということも改めて思い出しました。

試薬&参加者たち  成分別感想  

 アロマセラピーなどの自然療法に関わっていると、「化学」イコール「人工的」などととらえてしまいますが、決して化学成分は悪いものではないということを忘れてはいけませんね。やはりいけないのは「過剰」なことなんじゃないかと思います。香りも強すぎるから具合が悪くなったりするのではないでしょうか。もう少し控えめだったらそんなに悪影響はないのかも。もともと自然界にあったものだったんだし。

 今年も畑作業 が開始しましたが、畑の隣には万太郎堰という川みたいなのが流れています。本当はよくないのでしょうが、古い家からなのか、生活排水がジャバジャバと流れ落ちているのが聞こえるときがあります。そして驚いたのが、いい香りがする事!爽やかなフルーツのようなお花のような あれは洗剤の匂いなんでしょうかね。いつもではないのですが。二メートルくらいの高さまで、しかもお湯ではなく温度の低い水なのに香ってくるなんて。どう考えても強すぎでしょう 自分で洗剤を使っているときは流れていってしまうのであまり感じませんが、相当強い香りなんでしょう。そんな強い香り、お皿を洗うために必要でしょうか?

 いろいろと考えさせられる体験となりました。今年もアロマイベントいろいろ始まりますよ!たくさん出かけていろいろ感じていろいろ考えましょう。より良き明日のために!白神蒸留体験ツアーもあるよ!後程アップします!


和ハーブはじめ

和ハーブおやつバンザイ!

 雨のそぼ降る花冷え の今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
 
 今年も楽しいイベントがいろいろありそうですね。ちなみに今年最初のイベントになるはずだった5月のダイハツマルシェには申し込み忘れのため参加かなわず。。お客さんとして遊びに行こうと思います

 さてさて温かい季節のフィールドワークに先駆けて、先日「あおもり和ハーブの会」のイベントに参加してきました。NPO法人つがる野自然学校の谷口さんを講師に、白神山地のお話や、野山での活動、またそれに伴う山でのマナーや、自然とのかかわり方についていろいろためになるお話が聞けました!やはり奥の深い山話。またたくさんの発見がありましたよ!
和ハーブおやつ  和ハーブおやつ 干し柿  和ハーブおやつ リンゴ

 お話が終わると、もう一つの目玉である、和ハーブおやつの試食会!私はクロモジのお茶を入れたクロモジクッキー を作っていきました。手作りでも、どこかで購入したものでもよく、あおもりフェイナンシェやら、爪楊枝でプチンとする カシスようかん、リンゴぽっくるみたいのとか、見たことあるものないもの、いろいろありました。手作り部門では、カワラケツメイというハーブを使ったパウンドケーキとか干し柿 にお味噌 とゆず の皮、白ごまをまぶしてフキノトウの葉っぱで飾ったものとか。(これは食べてみるまで味が想像つきませんでしたが、意外とお酒 のおつまみでもいけるんじゃない?!と思うオツなお味でした!)素敵な味と香りの和ハーブ茶とともに。

 後半は、ワールドカフェというものをしました。一枚の大きな紙を囲んで、ひとりひとりキーワードを書き込み、それについて語り合いながらキーワードを書き留めていくというものでした。年齢も性別もバラバラの6名くらいのグル-プに分かれてお話しました。テーマは、「和ハーブに関して今自分が感じていること」だったかな。一言にするのは難しいですが、なるべく簡潔に。そして議論していきます。初対面の人もたくさんいましたが、テーマがあると話しやすいですし、それぞれの和ハーブや自然の受け止め方も違うし、どんな切り口で話すのか、というのも興味深いところでした。

ワールドカフェ in ゆ~さ  こんなこと考えてる

 10分くらい話したのでしょうか。白熱してきたところで時間となってしまい、とてももったいなかったです!やっぱり話してみないとどんなことを考えているのかはわからないですよね。ただ集まっただけでもあまりお話できなかったかもしれないので、そういう機会を設けてもらえてすごく良かったと思いました。そして今年も自然に思いを寄せて暮らしたいと思いましたよ!

 ちなみに私が選んだ言葉は「省エネ」。必要なものを必要な分だけ。最近特に感じていることなんですが、日本は本当に多くのことが過剰だな、と感じます。必要な分だけを使う、それは昔はきっと当たり前の考え方だったと思いますが、いろんなものが簡単に手に入るようになり、過剰社会になってしまったのでしょうね。大事に使ってごみを減らせば、結果的にいろんなことの節約になるはず。過剰も不足もない、ちょうどいいぃ~~暮らしを心掛けたいものですね。

 とか言いながら、先日は弘前で腹はち切れんばかりにチーズを食べてきました(涙)おいしかった。有言不実行の巻。明日から、ね!

cheese in Hirosaki 2  cheese in Hirosaki 1

東京帰り

刺激がいっぱい

 先週、白神の仕事で東京へ出張に行ってきました。いくつかの予定があったため3泊4日、少しゆっくりした日程でした。少しのゆとり、何をしようか、と考えましたが、せっかくだから美術館でもゆっくり見よう!と思い、上野の森美術館へ。デトロイト美術館展というのをやっていました。ゴッホ、セザンヌ、マティス、ピカソなど近代編。東京はイチョウの葉っぱが舞い散る晩秋の風情でした。

 上野の森美術館  ゴッホさん  ピサロさん  モディリアニさん

 デトロイト美術館というのがピンと来なかったのですが、デトロイトは車関係でとても裕福になった街だそうで、美術館もとても立派で所蔵品も多いのだそうです。今回のメイン作品はゴッホの肖像画。麦わら帽子の肖像画。それほど大きい作品ではなかったのですが、よくよく見れば見るほど激しさを感じ、驚きました。淡い色合いなのですが、タッチなのか。。ゴッホさんの秘めた思いがゴワヮ~ンと鐘の音のように迫ってきましたよ。

ドガさん  カンディンスキーさん  リンデン登場!  リンデン解説

 ドガさんも、地味だけど妙に目を引く絵でした。間の感じが独特。カンディンスキーも、よく知らなかったけど、一目見た瞬間に、「わぉ!」と思いました。やっぱり有名になる絵というのはそれくらい、興味のない人にもぐっと迫るものがあるということなんでしょうか。知らない作家さんですが、パッと目に飛び込んできた、おばあさんの絵。リンデンの葉と花が描かれていました。数日前にリンデンのお茶をいただいたばかりでした。タイムリ~。解説も素敵。リンデンがまた一層魅力的に見えます。

 十分堪能して、お次は八王子のお友達のところへ。電車に揺られてのんびりと。会うのは約8~10年ぶり。でも思った通り、あまり久しぶりという感じもなく、とてもしっくり過ごせました。合わない間に結婚してかわいい女の子ができていましたが、それ以外(それ大事!)は今までどおりでした。不思議なものですね。高尾山のおひざ元の素敵なカフェで遅めのランチ。野菜シーフードドリアがしみますわ~。窓の外には狂い咲き?の夏ミカンが黄色くたわわに実をつけていました。お店の写真撮るの忘れた~。残念。。

野菜シーフードドリア~  デザート

 そして夜は仕事関係のお食事。でもとても和やかで楽しかったです。そしてまだ時間が早かったので、前から行ってみたかった新宿ゴールデン街へ。小さな小さなお店がひしめいていました。しかしチャージもそれなり。飲んでしまってからイチマンエン!とか言われても困るので、結局ノーチャージのお店へ。平日なのに激混みでした。それにしても味のあるお店がたくさん。近所に住んでいたら通いたくなるかもしれません。

ゴールデン街!  とある店

 まるで仕事の話が出てきませんが、次の日は仕事。これまたいろいろと勉強になりました。そして最終日はビッグサイトにて開催中のエコプロ2016というイベントを見学に行きました。エコプロとは、毎年行われている環境にかかわる様々なものが出店しているイベントです。私たちは出店ではないのですが、声をかけていただき、日本の山地で作られている香り、ということで、白神クロモジの香りをピックアップしてもらいました。

 とてつもなく広い会場でしたが、プラプラしていると「能登ヒバ」というのを発見!香りをかいでみると青森ヒバとは違うけどヒバの香り!軽やかでいい感じでした。よくよく見るとそこでもクロモジを採っていました!クロモジ話でひとしきり盛り上がりました。石川県は白山のクロモジだそうです。まだ世に出て1年ちょっと、ということでした。そしてしばらく行くと秩父でクロモジを作っているNicoさんが。お会いするのははじめてでしたが、とても優しげな雰囲気の方でした。

 聞くと、クロモジの香りに魅せられたのはもちろんのこと、地域の活性や雇用の確保などのため奔走して、今に至っているという。どこも思いは一緒なんだな、と感じ、ほっこりとした気持ちになりました。いつかクロモジを通じてみんなと交流できたらいいな~と思いました。下の写真は枡の会社でやっていた木製リボンの加湿器。作ってみました。

白神クロモジ登場!  手作り加湿器

 数日間の東京滞在、たまにこういう刺激を受けるのはとてもいいな!!と、改めて感じました。

いろいろありましたね

11月も盛りだくさんね!

 師走に突入!皆様いかがおすごしですか?寒いのにも、早く暗くなるのにも少しずつ慣れてきましたね。
 
 今日は11月活動のご報告を少々。
 まずは11/13(日)に宮城県松島町の松島センチュリーホテルにて、「JAA癒しの祭典」が開催されました。十和田のベルナデッタさんに誘っていただき、今年で3年目の出店となりました。今までは青森チームの一員として参加していましたが、今年は「白神アロマ研究所」でデビューを飾りました!白神くろもじの精油作りを始めて3年くらいになるでしょうか。精油をちゃんと商品化したのは去年の暮れ。一年ほどの間に商品数もとても増えました!蒸留後の廃液を使ったくろもじ染めも!

松島 1  松島 2  チーム青森

 青森からは、十和田のベルナデッタさん、黒石の和ハーブ屋さんライフスプリングさん、そして私たち白神アロマ研究所の3店が横並びで。今回は千葉や埼玉からも出店していたようです。私は空き時間に埼玉の方の腸セラピーを受けましたよ!下垂気味だそうです、ショック。結構マニアックなものを扱っている北海道のクルッティさん。陽気。レモンマートルのソーダを飲みました。いい香り!夜は一年ぶりの友人と点心をつまみました(^^)うまうま~~♪

くろもじ染め  オーストラリアマニア クルッティさん  晩ごはんは点心

 そして、11/27(日)は、五所川原にて、重松浩子先生によるアロマクラフト講座!キャンセル相次ぎ参加者23名でしたが、にぎにぎしくも和やかな時間となりました。準備、進行、片付けと、皆様の心優しきご協力のおかげで無事に終えることができました。重松先生のお話は相変わらず情報満載で、時間が足りないくらいでした。

2016 重松氏講座 1  久々!重松先生  2016 重松氏講座 2

 今回のクラフトはハンドローションとコットンパック。ハンドローションには先生お手製の甘夏のネロリ、そして金木犀の香油をお好みで。コットンパックにはアロエか桃のチンキを加えて。体調によって香りの好みはとても大きく変化します。そういうことを感じながらクラフトに臨んでもらえたと思います。

香り嗅ぎまくり!  香りチェック  お勉強中
クラフトセット  パッチテスト  ハンドローション

 ハンドローションはサイコーの使い心地!クリームだとどうしてもオイル感が残りますが、ハンドローションにはオイルが入っているのにオイル感全くなし!それでいて明らかにしっとりします。クロモジの香り広がるハンドローション、ぜひお試しいただきたいですわん♪

 そして夜は有志数名で懇親会。おいしい郷土料理にのどが鳴ります。のどが鳴るって言う?おいしかったって言いたかったのです。エビのお刺身さんはイキがよすぎてお皿から飛び跳ねて逃げ出す始末。キャーキャー言いながらアロマ談議に花が咲いたのでした。

懇親会1  懇親会2

 そして29日(火)には、約3年ぶり、ナンサディ先生のジェンベワークショップ!Tasaba タサバという曲を教えてもらいました。ダンスを先にやったほうがいいというナンサディ氏のアドバイスにより、立たされる参加者、踊らされる参加者。伴奏チームも全員30分ほどで汗だくに。休憩好きな青森ワークメンバーですが、スパルタナンサディ先生、5分で切り上げ、今度はジェンベ。いい音が出るように、と、個人指導までしてくれて、サービス満点でした。でも再現できるかな~~。。自信なし!!

ナンサディ ダンスが始まるよ!  個人指導

 来週は白神関係でTokyoへ。そして次の週には「あおもり癒しの広場」です。これが終われば今年のイベント系アロマ仕事はいったん終了~。もうひと頑張りやで!

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード