スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さゝらくご

三遊亭大楽 落語会

さゝらくご

 暑い暑いと思っていたらあっという間に桜も咲き、散り、慌てて種まきしたらまた涼しくなってくるという、お天気に翻弄されっぱなしの今日この頃です。今年の天気はイマイチ読めませんね!

 さて、さゝらでは初めての試みとして落語会を行うことになりました!青森在住、えびす顔の三遊亭大楽さん。先日弘前で開催された落語会を聴きに行ってきましたが、とってもわかりやすくて楽しいお話でした。生の落語を聞くのは多分初めてだったと思うのですが、ちょっとした世間話みたいなのをして、いつ始まるのかな~と思っているといつの間にかお話が始まり、聞いている私たちもいつの間にかお話の世界にお邪魔しているという流れがとても自然で新鮮でした。

 食べるのがお好きだという大楽さん、おそばを食べる真似がやけにリアルでした。さゝらはちょっと小さめなので、20名も入ったらパンパンという感じですが、コーヒーがついて¥1000というとてもリーズナブルなお値段で聞けるというのは、なかなかお得な機会ではないでしょうか。ぜひぜひご予約の上、遊びに来て下さいませ!

弘前の桜 弘前木蓮

 ところで、落語会の日程がちょうどお花見時期と重なったため、久しぶりに弘前公園の桜を観賞してきました!やっぱり圧巻だぁ~✿しかし人の多いこと!!満開の桜よりも人の多さにすっかり打ちのめされ、クルリときびすを返した根性なしの母娘でありました。満開の木蓮も見事でした。

 我が家のお庭で春をいろどっているのは、薄ピンクの桜、イモ虫状のつぼみのぶら下がる藤、そして春の恵みタラの芽!立派なタラの芽をたらふく天ぷらで食べました!ありがとう!!!という気持ちになるお味♡ 月桂樹にも花芽が♪

我が家の桜 藤のつぼみ タラの芽 庭の月桂樹
スポンサーサイト

4月さゝらは・・・

俳句の短冊三人展

短冊三人展
4/5(木)~30(月)
月~土10:00~15:00  /  日・祝11:00~16:00
(定休日:毎週火&水曜日)

ランチ:トースト&サラダセット \600 etc..  珈琲コーヒー¥400
※出展者募集中!さゝらで展示してみたい方、ぜひぜひお問い合わせください! → ranaclacla@gmail.com

雨苑氏  史子氏  恵氏

 ご紹介が遅くなりました。今月さゝらは、仲良し三人娘(?)の俳句展でございます。
 
 ささらママが俳句を始めて早40年、日々の様々な瞬間を俳句という形に記録してきました。俳句好きな人たちが集まって披露し合う俳句会、というものに、ささらママも参加していますが、今回はその仲間の中でも三名の女流俳人の皆さんの作品を連ねております。

 同じ青森の地に住んでいても、見るもの感じるもの、題材として選ぶもの、いろいろ違うものですね。ささらママの俳句はいつも見たり聞いたりしているので、なんとなくママらしいな、と感じる部分があります。お二方もきっと特徴があるのでしょう。そんなことを推理しながら俳句と向き合うのもまた一興、コーヒーかお抹茶をすすりながら、春の日を、ひねもすのたりとお過ごし下さいませ。

「陸奥湾の 光にまみれ 衣更  雨苑」
「啓蟄や 津軽ぬけ出す 切符買う  史子」
「あだ名はね マリリンモンロー 曼珠沙華  恵」

三人娘の、、  俳句展  朝がゆ

 ところで、先日青龍寺で朝座禅を体験してきました。朝早くから大変だ~と思いましたが、朝のキリッとした空気とか、すいすい走れる車の少なさとか、心地よいことも結構ありました。そして、静けさのしみ渡る薄暗いお堂の中で、無心で過ごす30分。眠くなってしまうんじゃないかと思いましたが、案外眠くはならず、むしろいろんなことを考えてしまいました。無心というのは難しいですね。朝がゆの朝食をいただいて、何かと過剰なる我が生活を顧みつつ家路についたのでした。緑の季節になったらまた行ってみようかな♪


3月さゝらは・・

春待つ小品展

18-3月

3/1(木)~31(土)
月~土10:00~15:00  /  日・祝11:00~16:00
(定休日:毎週火&水曜日)

ランチ:トースト&サラダセット \600 etc..  珈琲コーヒー¥400
※出展者募集中!さゝらで展示してみたい方、ぜひぜひお問い合わせください! → ranaclacla@gmail.com

うさちゃんたち  カラフルひょうたん  ソックスお猿  寄せ木ペンダント

 まだまだ雪が降りますねぇ。今年は長い冬です。
 いつもならちょっと雪が降っても、もう三月だからすぐ溶けるよね、と笑って言えますが、
なんだか今年は様子が違い、近年まれに見るほどの暴風雪と毎朝の積雪に困惑している人は多いでしょう。

 しかし!とは言っても三月、間違いなく春はそこまで来ています!
外の雪を見てため息をつくよりも、春らしい小物たちに触れて笑顔になりましょう!

 三月さゝらでは、黒石の方々による小品展を開催しています。
黒石でいろんな小物を手作りしているお仲間8名の有志の皆さんの作品が並んでいます。
 耳がかわいい小さなお手玉のうさぎさん、カラフルなひょうたんは津軽塗のような手法で作ったそうです。
手が込んでいますよ!そして、寄せ木細工や布小物など、いろいろありますので、ご興味ある方は
ぜひ遊びに来てくださいね!販売もしています。格安!

 さゝらの庭も雪にすっぽり埋もれ、陶芸の小屋も半分くらい埋まってしまいました。
そんな中、さゝらまでの小道には、毎朝、誰よりも早く一本の猫の足跡がついています。
どこからどこへ通っているのか。猫の恋とは春の季語だそうで、春の近いこと間違いなし!ですね!
もうしばらく、頑張りましょう!

吹雪の朝  積もったなぁ  でか氷柱  竹林in winter

2月さゝらは・・


史子のストーンペインティング

史 石①

2/1(木)~26(月)
月~土10:00~15:00  /  日・祝11:00~16:00
(定休日:毎週火&水曜日)

ランチ:トースト&サラダセット \600 etc..  珈琲コーヒー¥400
※出展者募集中!さゝらで展示してみたい方、ぜひぜひお問い合わせください! → ranaclacla@gmail.com

史 石⑤  史 石⑥  史 石④  史 石②  史 石③

 はじまりました!さゝらママ3度目のストーンペインティング展!去年の2月を皮切りに、すでに3度目を迎えました。さゝらママの創造の泉は枯れることを知らないようです。本人なりにはスランプなどもあったようですが、気がつけば一つ、また一つと新作が増えております。でも今回は今までよりはちょっぴり少なめかも。その分じっくり見ていただけるのではないかと思います。

 とても手間がかかって肩も凝るそうですが、小さな石の絵も意外とかわいいです。大きいのは大きいなりに、小さいのは小さいなりに、やはり工夫をしないと面白いものは出来ないのですね。裏表にかいてあるリバーシブルタイプも増えていますよ!

 さゝらママ曰く、石に絵を描くのと、俳句を作るのには共通しているところがある、と。足しすぎても引きすぎてもだめ。限られた空間をいかに活かすのか、そこが難しさであり、醍醐味なんだそうです。制限がある方が柔軟な発想につながる、というのはわかるような気がします。何でもやってもいいよ、と言われるとちょっと戸惑ってしまいますよね。

 これって島国特有の考え方なのでしょうか。制限というのは足枷に見えて実は創造力の踏み切り板みたいなものなのかもしれません。それがあることによって、ないときよりさらに遠くに行けるという。だとしたら、いつも窮屈に感じていることこそ、飛躍の種となることでしょう。この雪ももうすぐ終わり!春に向けて羽ばたきましょう~~♪

 さゝらママは皆様のご来場を楽しみにお待ちしておりますよ(^^)V


1月さゝらは・・

鎌田雨渓 書と茶碗展

鎌田雨渓 書と茶碗展

1/6(土)~29(月)
月~土10:00~15:00  /  日・祝11:00~16:00
(定休日:毎週火&水曜日)

ランチ:トースト&サラダセット \600 etc..  珈琲コーヒー¥400
※出展者募集中!さゝらで展示してみたい方、ぜひぜひお問い合わせください! → ranaclacla@gmail.com

旅  永  交々  黎明  水岸  葦舟


 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 
ブログをすっかりサボっておりましたが、新年を迎えたことですし、また気を引き締めて頑張ろうと思います。

 新年の展示は、毎年恒例、鎌田雨渓の書と茶碗展ですよ。今年の書は新作続々、象形文字?を雨渓流アレンジで。一文字というのが潔いですね。今までも何度か書きましたが、漢字というのは一文字でもものすごく深い意味を持っていたりしますので、一文字といえども見応えがあります。雨渓氏の伝えたい意味として「旅:遠行の際に、その氏族の標識である旗を掲げて行動することを示す文字」「永:二水合流の形。派は分流、永は合流。とこしえの意に用いている。江水と漢水との合流を言う。」だそうです。想像していたのと全然違う解釈でした。

 「永」が合流。。つまり流れの先にある合流点を経て、また先に続いていく、ということなのかな。漢字にはいくつも意味がありますからね、必ずしも知っている意味とつなげなくてもよいのかもしれませんが。意味を見てから画かれた文字を見ると、また雰囲気が違って見えますね。今回の書は、表装が大変シンプルで寸が、その分文字が引き立っていると思います。ぜひご自分の目でお確かめくださいな。

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。