FC2ブログ

収穫祭

夏の収穫祭!

 ハチミツの記事から早2週間が経とうとしています。早いなぁ。相変わらず小忙しくしていました。夏風邪も引いてみたりしていました。久々に38.6度ほどの熱を出してしまいました 熱があると全然テンション上がらず、ぐったり寝そべるのが精いっぱいで。。普段の元気は健康という土台の上に成り立っていることが、改めて分かったのでした。しかし、今回高熱を出したことによって免疫もぐっと高まったことでしょうから、また元気に頑張りたいと思います

 今日は、先日のハチミツ体験の日の夜に行った収穫祭のレポートを。

 畑女子宣言をした2014年、春。野菜の種まきから双葉の奇跡、雑草取り、青虫取りを経て、めでたく収穫にこぎつけました。あの小さな種たちが、今や私の行く手を阻むほどのモリモリの緑に覆われています。暑い日 と雨 が繰り返し続くと、畑の野菜たちはものすごい急成長を見せます。本当に、太陽と水と大地の恵みですね

 第一回目の収穫祭に集ったのは、畑女子 たち5名。何でもいいので畑で採れたものを少しと、飲み物持参にして、料理は材料がそろってからみんなでやろうということにしました。うちの畑では、ナス、さやえんどう、いんげん、きゅうり、ミニミニオクラ、バジル、シソ、タイムという感じでした。各、少量ではありますが、木のボウルに盛るとなんか素敵な感じ!

 一人、また一人と、野菜の詰まった袋を抱えてやってきました。ジャガイモ、トマト、オクラ、ゴーヤ、ラディッシュ、人参、枝豆、コリアンダー・・すごいぞすごいぞ!これぞ祭りだぁ!水をはじいてつやつやと輝く野菜たち 美しい!!そして、いっただっきま~す!!
畑の恵み  畑の恵み3  畑の恵み2

 前からやろうと思っていたのは、野菜のちらしずし!!ご飯は長粒米のジャスミンライスを。ワインビネガーや塩、オリーブオイルで軽く和えておきます。キュウリは輪切りにして塩もみ、ラディッシュと人参葉薄くスライスして酢で和えます。オクラとエンドウは茹でてカット。トマトは角切りにし、ご飯の上にどさっとのせ、コリアンダーを山ほど飾ります。うん、混ぜられない 美しすぎて。いや、器が小さすぎて。赤と青の唐辛子を輪切りにして、バルサミコ酢、オリーブオイル、レモンなどをお好みでかけていただきます。

 ジャガイモは、一部茹でてバターで和え、さゝらママ特製のイカの塩辛をのせて食べます。最高!!一部は短冊に切ってフライドポテトに。塩だけなのに、とってもおいしい!!フサフサの人参の葉っぱも天ぷらにして食べちゃいました 衣がいいのか揚げ方が上手なのか、カリカリっとしてとってもおいしい~~♪

 ゴーヤは一部、薄くスライスして、塩とごま油であっという間においしいナムルに。一部は卵と一緒に炒めてチャンプルーに。キュウリはヨーグルトと一緒にミキサーでスマッシュし、冷製スープに。ナスのペーストとサルサソースはガーリックトーストにつけて食べます。しばらくすると長芋輪切りのグリルに自家製梅干しがのって出てきました。枝豆は、茹でるではなくフライパンで焼く。皮が焦げるまで焼くと、香りが強く、イモっぽい食感で濃厚な仕上がり。おうちで作ってきてくれた、たかきびのチリビーンズも美味~~。

野菜のちらし寿司  Summer Feast

 料理し始めたのが7時くらい、みんなが席に着いたのは9時くらい、みるみる空になっていくお皿、普段はカロリーを気にする女子たちも、野菜だからダイジョブでしょ 、とばかりにパクパクぺらぺらしゃべっては食べ、食べてはしゃべり、とどまるところを知らない畑女子パワーでした。写真少な~

 もう何にも入らね~~!という言葉とはうらはらに、デザートはその日午前中にもらってきた蜂蜜で作ったシャーベット。ハチミツに少々レモンを絞り、シナモンバジルを入れて冷凍庫で凍らせました。時々、フォークでかいては味見、を繰り返していたので、フワフワ食感、ハチミツの濃厚な味と香りと相まって、これまた止まりません。

 おなか一杯だっちゅうのに、次の収穫祭の話で盛り上がるという。だって、次やるとしたら秋。秋と言えば栗、栗ごはん~~!!というわけです。後は、カボチャでしょ、落花生も取れるかもしれないし、大根も取れるかもしれないし。後はキノコか キノコ採る人、お友達になってくれないかな~~。。

 とにかく、第一回収穫祭は無事に終了!!父に言ったら、呼んでよ!と言ってましたが、ついてこれるか?!あの女子パワーに!?でもやっぱり、お料理は楽しい!食べるのも楽しい!やめられまへんなぁ♪


第一次収穫

早くも第一弾

 夏至も過ぎて、今年も半分が終わろうとしていますね。皆様いかがお過ごしでしょうか?梅雨も終わったのかな?と思うほどパッタリと雨も止んでしまいましたね。夜風が爽やかで朝晩が過ごしやすいので、私にとっては一年で最も好きな季節と言えるかもしれません。

 さて、雨の間は畑の様子もマメには見に行けず、自然に任せておきましたところ、数日ぶりに訪れた畑では、たくさんの成長がみられて大興奮でした!大根の葉っぱのモリモリ具合にはびっくりしました!どのくらいになったら食べられるのかな?と思い、葉っぱの根元を覗き込むと、しっとり青首の色白のお嬢さんがニョキッと顔を出していました。

大根菜  双子!  ズッキーニー

 食べてもいいのかな?十分に成長したんでしょうか?ちょっぴり細めなのかな?なんてったって、間引きの時に最後の最後まで決めかねて2個の芽を残しておいたもので、ちょっとギュッとなって成長していたのです。かわいく二人並んでニョキッとな。母に言うと、さっそく夕食にご招待したそうで、大根おろしにしたらすごくおいしかった!と言っていました。

 5月に植えてもう食べられるのか。てことはもう一回まいたら9月くらいにまた収穫できるかもしれないんじゃない?!と、一人で皮算用をしてほくそ笑むのでした。

 もう一つ食べごろを迎えたのはわさび菜。あんな小さな双葉だったのが、今はフサフサのチクチクです。おひとついただきますよ、と声をかけて一口かじってみると、ツ~ンとした刺激とわさびの香り!すばらしいよ!わさび菜!おいしいじゃないの!矢車草ももうつぼみをつけていました。双葉の時に青虫にかじられてどうなることかと思いましたが、よくぞここまで。

サビ菜  ブッコロ葉  矢車草

 畑の性質というかなんかの加減なのか、大根、わさび菜はとてもいい感じ。ズッキーニもさっそく実をつけ始めています。トマトも緑の丸いのが鈴なりに実をつけています。しかし、ニンジンはいま一つ。ブロッコリーも怪しい。オクラやゴーヤも勢いがありません。

 肥料をあげたらいいのかしら。でも、奇跡のリンゴの木村さんいわく、肥料をあげると、ヤク漬け患者のように弱ってしまって、植物本来の強さを発揮できなくなってしまうとか。肥料をあげると土を変えてしまうので、来年、再来年の野菜にも影響してしまうとか。やっぱり今年は初心者だから、欲は出さずに雑草取りと水やりくらいで様子を見てみようかな。

ピーナッツの芽  ピーナッツの葉  緑ぼっくり

 おうちで芽だしをしていたピーナッツも、堂々たる芽と根っこをはやしてきました!こいつは将来が楽しみだ!ピーナッツの形に似た楕円の葉っぱがかわいいですね。ところでこないだお散歩中に見つけた緑の松ぼっくり。そうか、あれも最初は緑なんだな~と改めて納得したのでした。

 みんないろんな段階を経て、よく知る姿になっているのですね~。畑をはじめてみて、植物の成長にかかわるいろんな小さな変化に気づくようになって気持ちが豊かになったような気がします!畑、お時間のある方は是非!

 

未来系雑穀 キ~ヌ~ア~

アンデスの恵み

 キヌアという雑穀をご存じですか 数年前に使ってみたことがありますが、想像していた雑穀風味とちょっと違ったのであまり注目していませんでした。キビやアワみたいな香ばしさではなく野菜っぽい香りがあり、プチプチとした食感と「C 」の形の胚芽みたいなのが特徴です。かなりちっちゃい粒です。茹でてサラダ にしたり、スープ したりするのが一般的な食べ方みたいです。

 キヌアは、ヒユ科アカザ亜科で、意外にもほうれん草 の仲間だそうです。ホワイト、ブラック、レッドなど様々な種類があります。近縁の雑穀はアマランサス。アマランサスもプチプチ食感が特徴です 栄養としては、必須アミノ酸を多く含み、タンパク質のほか、マグネシウム、リン、鉄などの無機質を多く含みます。ダイエットにいいというウワサも・・

 アメリカでは数年前から大流行しており、キヌアのレシピ本やら、スーパーでも量り売りで買うことができますし、お総菜コーナーにはホワイトキヌアやブラックキヌアのサラダやキッシュがてんこ盛りで販売されていました。アメリカの食事情は両極化しているそうで、一部の人はジャンクフードを中心とした生活でメタボまっしぐらですが、一部の人たちはかなり健康に気を使って暮らしており、オーガニックやベジタリアンフードを多く扱うスーパーもたくさんあるそうです。そういうお店ではキヌアは特に人気のようでした。

 私とキヌアとの再会は、お友達の家でキヌアのサラダをごちそうになったことでした。とってもおいしくて、野菜と穀物を同時にとれるので、朝ごはんにもいいな、と思いました。彼女のレシピは、紫キャベツを大き目みじん切り、玉ねぎスライス、人参やマッシュルームも入っていたかな?味付けは、塩コショウと醤油、ライムとピーナツバター。クミンパウダーやディルなどで風味を整えて出来上がり。ライムとピーナツバターがエスニック感をかもし出します。お豆やパプリカ、キュウリなんか加えてもいいかもしれません。高機能食品だしこれからはキヌアを主食にしようかな~ なんてテキトーなことを考えていましたが、アンデス産と書いてあったのが気になって ちょっと調べてみました。

 すると・・・詳しく知りたい方はこちら

 主な産地はペルー、ボリビア、エクアドル。標高が高く、乾燥している地域でよく育つそうです。2013年は国際キヌア年だったそうで、国を挙げて広報活動(国際キヌア年は、キヌアの栽培を世界に広めることで食糧安全保障と飢餓撲滅を意図したもの)をしたところ、栄養価の高さや気軽に料理できることから人気を博し、爆発的に広まったそうです。しかし、そのため価格が高騰し、現地のアンデスの人たちの口に入らなくなってしまったという弊害が起きています お金になるので作ったキヌアは全部売ってしまい、自分たちは低価格のジャンクフードなどを食べて健康被害が出てきているとか ほかの作物を作っていたところもキヌア栽培に切り替えてしまうことで生物の多様性が失われつつあるとか そして今、子供たちにはキヌアを食べさせようということで、一部を国で買い上げて給食に出したりしているそうです。

 高地で乾燥地域でも育つ、というのが逆に、ほかの地域での栽培を阻んでいるようです。日本でも栽培を試みているところがあるそうですが、気候を考えると難しいのでしょうか。でも、アンデスの民にアンデスの食材が必要なように、日本には日本で暮らすために必要な食物があるんですよね。

 その記事を読んでしまったら、なんだか私がキヌアを主食にするのはやっぱりおかしな話だよな、と反省しました。私たちにはおいしいお米があるというのに!

 需要と供給のバランス。本当に必要なものは何なのか。それを考えることができるのは、考えるための教育があり、情報があり、選択することのできる生活のゆとりがあり。「できる人」は「できない人」の分までよくよく考えなければいけないし、行動しなければいけない。それができる人に与えられた役割なんだと思います。語弊がある言い方かもしれませんが、私の気持ちを汲み取っていただければありがたいです。よかれと思ったことが裏目に出てしまうことはよくあることですが、何千年と続いた食文化の崩壊につながるとなるとただごとではありません!栄養や料理方法だけでなく、背景もしっかり理解したうえで、勧めといてナンですが「キヌア」・・・ほどほどに楽しんでください。



夜めしや

深夜食堂ごっこ

 雨が多い毎日 ですが、皆様いかがお過ごしですか?
 突然ですが、深夜食堂というマンガをご存知でしょうか。いつの頃からかハマリ、ドラマ化されたのも時々見ていました。深夜食堂に登場するのは、赤いウィンナー や卵焼き 、ポテトサラダ、昨日のカレー など、ごくごくありがちなお惣菜が多いのですが、妙においしそうで、ジュッと心に焼き付けられるのです。食欲だけでなく郷愁も掻き立てられるような、ステキなお話です。結構ファンは多いと思いますが、お友達で大ファンの方がいまして、定期的に深夜食堂ごっこという会を開催しています

 いつもなんとなくはじめてしまうので写真を撮るの忘れたりしていましたが、今回は忘れず、バッチリおいしそうな写真を撮ってきました 今回のメニューは、たけのこご飯、マカロニサラダ、赤カブの漬物、新玉ねぎとワカメのサラダポン酢仕立て、ちくわチーズとちくわキューリ、プチトマトの豚バラ巻き、そしておまけのチコリ生ハムチーズでした。これほどの量を3人でモーリモリとおいしく頂きました。

深夜食堂ごっこの夜  新玉ねぎとワカメのサラダ  ちくわチーズとちくわキューリ

 お邪魔したお宅ではいつもご飯を土鍋で炊くそうで、今回のたけのこご飯も土鍋炊き!ステキ!!赤カブの漬物は頂き物だそうですが、手作りで味も歯ごたえも色も絶妙なおいしさ!新玉ねぎのサラダは私が最近ハマッているものです。スライスをたくさん作って毎日毎食食べています。新玉ねぎの甘さと爽やかさがたまりまへん。ちくわチーズとちくわキューリはマンガに登場したときにはそれほど惹かれなかったのですが、簡単そうだしな・・と思って作ってみましたところ、とってもおいしかったです。チーズやキューリにちくわの甘みというか風味がちょっぴりしみこんでいるところがツボでした。

土鍋炊たけのこご飯  プチトマト豚バラ巻き  生ハムチコリ

 プチトマトの豚バラ巻き。以前ベーコン巻きはご馳走になったことがあり、おいしかったのを覚えているのですが、豚バラもなかなか。塩コショーのシンプルな味付けで、噛むとトマトがジワッとジューシーでおいしかったです!お友達が大事にしまったおいた赤ワイン をあけたところで、チコリと生ハムチーズが食べたい!と言って自ら作りはじめる家主。深夜食堂っぽくはないかも知れないけど、最高においしいワインのお供でした!見た目もカワイイ!

 おいしいものを囲んで楽しくおしゃべりしていると本当に時間をわすれてしまいます。しかし、ここは女子3人が集まった深夜食堂なので、どんなにおしゃべりに夢中になっても、〆のスイーツは忘れません!クリームたっぷりのシュークリーム に、おいしいコーヒー を入れてもらって女子版深夜食堂の夜は更けていくのでした。


師走の飽食

今日はいっか!

 おいしいものを目の前にしたとき、よく出るセリフ。今年もよく食べよく飲み、よく働き、おおいに遊びました。よい一年でした。年末にこんな風に思えるのは大変シアワセなことです 皆様はどのような一年だったでしょうか

 今年はパーティー料理・・といったら大げさですが、ある程度の量の料理を作って持ち寄ったり、提供したり、お家で食べるような機会が去年に比べて多かったような気がします。特に後半。料理熱は冷めたり燃え上がったり気まぐれですが、一貫して、楽しく料理できました マイブームはラザニア。豆腐をパスタ代わりにしたり、豆乳を投入したり。ヘルシーラザニアでも十分おいしいよな~ と満足していましたが・・

 今まで何度か話題には上りつつもなかなかありつけなかった、スペイン料理店「グラナダ」のラザニア。先日ついにありつけました。「グラナダ」は、スペイン人の女性の営むお店で、料理がとってもおいしいしお話も楽しいのでたまにランチに行きます。実は昔彼女から少しだけスペイン語を習ったことがあります。全然覚えられず断念しましたが

 グラナダのラザニアはどうだったかというと・・まさにそれじゃぁ~~!というおいしさでした。ミートソースはちょっと塊の多いお肉がちなのに、フワッフワにやわらかく 濃厚な味わいだけどさらっとした食感のホワイトソース、甘酸っぱくオリーブとニンニクの利いたトマトソース、そして私好みのくったりしたパスタ!それぞれひとつずつでもおいしいし、まとめて食べてもとってもおいしい 「二人分しかなかったから今日は出さないつもりだったのよ」というコメントもおいしさを後押し 夜ご飯はいらないくらいに満腹満足の一皿でした。

 出来立てのラザニアはくたっとならないんだよな・・という話をしたら、スペインではラザニアは前の日に作っておいて、次の日は焼くだけにしておくのだそうです。なるほど~。そういえばそうか!なんとなくできたての焼きたてを食べるのが醍醐味!と思っていましたが、一日置くと。ふむふむ

 これから年末に向けて、次から次とまた美食が続きますが、まぁ雪かきをがんばってカロリーを消費しましょう。来年はもっと、おいしいもの作ろ!

 
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード