セバスチャン・サルガド

神の眼を持つ男の物語

 先日、と~~っても久しぶりに映画を見てきました。ちょっとマニアックな映画が多い、シネマディクトにて
 監督は「ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ」などを撮った、ヴィム・ヴェンダース。ドキュメンタリー映画はあまり見ないのですが、妹に勧められて。平和な毎日で麻痺しているけど、世の中ではいろんなことが起きているのですね

 一番最初の写真から、度肝を抜かれる圧倒的な光景で、くぎ付けになってしまいました。「南米の金鉱の作業風景」と言って私たちの頭に浮かぶ画像の100倍くらいの規模を想像してもらえるとよいかもしれません。どれもこれも現実とは思えないような、「まじかよ~~!」と思うような写真でした。



 長い間、報道カメラマンとして活動していたそうで、社会性の強い作品が多かったです。難民の人達の救いのない日々の写真なんて、本当に、見ているだけでも苦しくなってしまいますが目をそらせないような力がありました。。こんな風に言うと不謹慎に思われるかもしれませんが、現実に勝る強烈な物語はないな、と。良くも悪くも現実の世界には逃げ場がなく、ここで完結するしかない、という緊迫感というか厳しさがあるんだな、と思いました。

 そんな現実世界の人々の写真を撮り続けたセバスチャン・サルガドは、とても穏やかな顔のおじさまでした大変ハードで長い撮影の旅を続けていたそうですが、そんな苦労の跡はあまり感じられない、優しそうなお顔と語り口。人が好きで、人を撮り続けてきた彼だからこそたどり着いた境地なのでしょうね。全身からにじみ出る感情を、白と黒で鮮やかに描いていく。人々の生きた証を、彼は愛をこめて記録しているのですね。

 のちに自然を撮るようになる彼ですが、やはり一枚の写真のインパクトは変わらず、神の眼を持つ、と言われる所以なのでしょう。

 もっと早くに写真に興味を持っていれば、世界は違って見えたのかな。

 美しさとは何だろう。

 グルグル考えながら、答えにたどり着かないまま、家に着いてしまいました。
 18日まで、ということなので、もう一回、見に行っちゃおうかな~。。

 

強いぞホームズ!

かっこいいぞワトソン!

 シャーロックホームズを見てきました。エンターテイメントな映画でとても見ごたえがありました ガイ・リッチー監督特有の、あちこちにあれやこれやちりばめられてる系だったのですが、話の展開のスピードが速くてついていけないところもありました。。家でDVDとかで見る分には巻き戻したりもう一回見たりできますが、映画だとそれもできないし、大画面なので字幕を見ているとヒントを見逃しちゃうかも と言うのが残念なところです。。ポップコーンを食べながらのんびり見ていると置いていかれれる

 みんながよく知っているシャーロックホームズのイメージを、あそこまで新キャラクターとして作り上げるなんて、すごい発想だと思いました。今公開されているのは二作目ですが、なぜか一作目のときはまったく見たいという気にならなかったのでいきなり二を見たわけですが、特に問題ありませんでした。そういえば本来のシャーロックホームズも、一話完結型のお話ですもんね。

 ホームズ氏は、この映画では闘うし、爆弾も仕掛けるし、流血、銃撃アクション系から、コミカルな役まで何でもありで、大忙し ワトソン氏は常識的風だけど、やるときゃやる、なにより男前 と、二人とも従来のイメージとはずいぶん違いました。けど、とってもステキな無敵コンビでした!一作目もぜひ見なきゃ!

 好きな映画はいろいろありますが、何度みてもエキサイト するのはガイ・リッチー監督のRock,Stock&Two Smoking Barellsという映画です。出演者も、音楽も、ハチャメチャ加減も、映画ならではの楽しさがあります イギリス訛りの英語にも惹かれます 街角で盗品を叩き売りするシーンから始まるのですが、叩き売りの時のセリフがまた次から次へと韻をふみながらポンポン比喩が飛び出して、たいしたもんだなぁ~~と思います。~ ここにある箱は空箱じゃないよ。空箱を売るのは棺桶屋だ。みんな死人みたいな顔して眺めてる場合じゃないぞ、昨日盗んだばかりのお宝だ!さあ買った買った! ~みたいなことを言ってます。字幕付の動画があればよかったのですが。。



 全体的に小気味がよく、絶望的な状況にもちょっとした軽さが加えてあるというか、イギリス人特有の感覚なのかな、と思うところがあります しっとりずっしり系の映画も好きですが、実はアクション映画が結構好きなので、パーッと派手な映画を見るとスッキリします。

 最近は静かに本を読むことが多かったので、映画鑑賞はリフレッシュできました が、鑑賞中に地震がありました。青森は震度2くらいでしたが、大きい地震だったら足元も見えないし恐いだろうな と思いました。地震いいかげんおさまってほしいですね。。


12 Angry Men

あなたならどうする??

 久々にDVDレンタルしてみました。妹のリクエストで「12人の怒れる男」。私は学生の頃に一度見たことがあり、とても見ごたえのある映画でまた見たいと思っていたのでちょうどよかったです。しかし見てみると、私が以前見たのはどうやらリメイク版だったらしく、今回のはオリジナル版でヘンリーフォンダ主演の1954年の映画でした。

 「12人の怒れる男」は名優、陪審制度を題材にした「人が人を裁くこと」の難しさを、12人の陪審員による壮絶な討論を軸に描いた傑作。舞台は蒸し暑い陪審員室。作品の時間経過も観賞時間と同じという徹底したリアリティ。あたかも自分がその討論に参加しているのでは・・・と思わせてくれる手に汗握る作品です。 (→12人の怒れる男

 ほんっとうによくできた映画だなぁ???と感激しました。原作のレジナルド・ローズ氏が実際に陪審員を務めて本作品を作ったのだそうです。

 初めて陪審員になってちょっと興奮気味の人、陪審員という立場に強い使命感を持っている人など様々で、一見有罪に見える少年の有罪無罪を巡って議論が交わされていきます。自分の決めたことで、一人の少年が死刑になるかもしれない。そういう重い責任を背負いながらどれだけ冷静になれるか、どれだけ客観的に物事を見られるのか。「そういうもんだ」という先入観や「そうに違いない」という憶測の根拠の曖昧さ。確かだと思っていたことが、外側を一枚はがしただけでガラガラと崩れてしまうもろさをもっていること。皆が見ていたことなのに言われてはじめて思い出すこと。そう考えると、12人という人数は理にかなっているのかな、という気がしました。しかし大勢に対して一人で立ち向かうのは大変勇気のいることだと思います。蒸し暑い密室で繰り広げられる心理劇、まだ見ていない方はぜひぜひ見てみてください

 日本では、これを元にした、三谷幸喜氏の「12人の優しい日本人」という映画があります。もしも日本にも陪審員制度があったら・・という設定になっています。今では実際に日本でも裁判員制度が導入され、誰にでも裁判員の立場を経験する機会があるわけです。人が人を裁くというのは本当に荷が重いことだと思います。個人的には死刑制度には反対ではないと思っていましたが、いざ自分がその立場に立ったときにちゃんと冷静に考えられるかといったら、はっきりいって自信ありません。いやぁ?いろいろ考えさせられる映画でした。名作

 それに対して私が借りたいと言ったのは「ビッグ・リボウスキ」という、コーエン兄弟のコメディ。ず?っと前に誰かに奨められたのを思い出して。ご存知の方はわかるかと思いますが、すごいギャップでした。かなりツボにはまりましたけど あんな無責任な人たちには絶対に陪審員にはなって欲しくないと思いました!!でも映画としてはとてもオモシロかったです。一番の無責任野朗、ウォルターの言葉”Life does not stop and start at your convenience(物事はお前の都合で動いてるんじゃないぞ)”
CCRの曲が懐かしかったです?。



 
 

Soul Red



Masculinity

 松田優作のドキュメンタリー映画→(Soul Red )を見てきました!
今までそれほど夢中になっていたわけではないのですが、やはり語り継がれるにはワケがあるのですね? らび すべてがとってもかっこよかったです ハート まことに単純な感想で申し訳ないのですが 汗まず最初に、足の長さにびっくりでした。とても背が高い人だったのですね。「走ったり EXIT 、銃銃(リボルバー)SW 60 を構えたりする姿がかっこいいって、とても大事なことなんだよ。」と言っていたそうですが、なるほど、と思いました。実写版のルパンって感じでした fight また、男っぽい中にも優雅さがある、と言っていた人もいましたが、なんともいえない繊細さというか含みがあり、見えているところは氷山の一角のようなもので、海面下にはさらにものすごい魅力 爆弾が隠れていそうな雰囲気を常に醸し出していました ため息

 せっかくなので「男らしい」ってどんなことだろうと思って検索してみたら、やはり地域や時代や宗教、文化など様々な違いによってその定義も変わってくるようでしたが、西欧では主に、「頼りがいがあり、冷静で論理的である。」ということが一般的に「男らしい」とされるようです。イギリスやフランス、韓国などでは女性 アイコン名を入力してください に対して優しい heart ことが「男らしさ」である、というのに対して、フィリピンや中南米、東アフリカでは、男性は仕事をしないで、働く妻からおこづかいをもらってのんきに遊ぶ watasi というのが「男らしい」のだそうです。一部分を抜き出しただけなので、ホンマかいな アップロードファイル と思う方はコチラを参照→(Wikipedia)松田氏の場合、「男らしい」というより「男っぽい」というほうがしっくりくる感じですが。。

 男らしいとか女らしいというのは、性差別を助長する言葉であるとする意見もあるようですが、男らしい決断力を持つ女性もかっこいいと思うし、女性的な繊細さを持つ男性も素敵だと思います アップロードファイル つまり、男性、女性のよい特徴を取り上げるときに使う言葉なんだと思えばいいんじゃないかと思います。松田優作氏のように、自分の生きる道を探求して一生懸命試行錯誤して生きていれば、何よりも「人」としての魅力が増し、その結果、演じる役柄も輝いて見える、といことなのでしょう。

 亡くなる直前のトーク番組で、俳優としていくらがんばっても、結局一番長い時間を過ごすのは家庭 house であるから家庭で快適に過ごすよう工夫しなければならないといっていました。ひとつひとつの細かい動作に注目 じー してそれに対して演じることを楽しめる アンパンマン ようになればいいんだよ。そこで大切なのは、行動に伴う感情(怒りとか責める気持ちとか)を先にキャッチしてしまうとこっちもそれに反応してしまうので、できるだけ動作そのものに注目するように。難しいけどね!ということでした。まさか松田優作がそういうことを言う人だとは思わなかったので、素直で柔軟なところもさらに きらきら 素敵 キラキラ01に見えてしまいました アップロードファイル

 影響受けやすい姉妹なもので、さっそくTSUTAYAでいくつか作品を借りてきました。映画をやっているせいか、借りたいと思っていたもののうちいくつかは貸し出し中でした。若い頃の作品である、「最も危険な遊戯」というのを借りてみましたが、日活好き びっくり のわたくしにはたまらない作品でした。ちょっと画面暗かったけど。引き続き探してみようと思います。

「これはほんの名刺代わりです。これからもよろしく。素敵なゲームをありがとう。」

 いや?たまんねっす ハート目


マイケル



 「This Is It」 見てきました! 

 リハーサルの映像を集めたドキュメンタリー映画です。
もうご覧になった方も多いかもしれませんが、かなりの見応えでした?アップロードファイル
マイケルジャクソンのことをよく知らない人は特にお勧めです!私はCDを一つ持っているくらいで、本人に対してとても興味を持っていたわけではないのですが、プロフェッショナル意識の高さにただただ感激しました笑う02

 歌って踊って、いろんなメッセージ ラブレター を伝えるため、そしてお客さんを楽しませる jumee☆SaturdayNightFeverL jumee☆SaturdayNightFeverR ため、あらゆるアイデアを駆使して演出していくのですね。バンドやダンサーやコーラスの人ももちろんものすごく完成度が高い きらきら 感じだし、サポートメンバーは皆とてもクオリティの高そうな人 きらきら ばかりでした。印象的だったのは、関わっている人たちが皆マイケルのことが大好き はーとマイケルのためにがんばろう 絵文字名を入力してください!というオーラみたいなのがビシバシ出ていたことです。一人ひとりの、コンサートを成功させたい!という強い思いから、そのためのコミュニケーションはとても簡潔でわかりやすく、お互いへの思いやりを感じるものでした。

 もちろんドキュメンタリーとはいえ、映画なのでお見苦しいところがあったとしてもカットしているのかもしれませんが、その「思いやりのあるコミュニケーション」は、居心地のよい仲間と一緒にいる時の感覚と似ているな、と感じました。マイケルは演奏の人などに話す時、「ここをこうするとやりづらい。怒ってるんじゃないよ、愛をこめて言っているんだよ。」と言っていました。最後の敢えての一言が、コミュニケーションをスムーズにしているのでしょうか。言いにくいことを言わなければならない時、いろいろ考えてしまいますが、そこをクリアしなければ先に進めないなら、覚悟を決めて、愛をもって向き合うしかないのですね。

 映画のマイケルはとっても細くて、寒いのかずっと上着をきたままで、きっと体調もよかったわけではないだろうに、リハーサルで一生懸命歌って踊って、皆に愛 ハートハートハート を伝えようと、そして地球 jumee☆earth5Ljumee☆earth5R を守ろうとがんばっていました。コンサートが実現しなかったのは本当に本当に残念なことでしたが、あの映像が映画になって、より多くの人が見ることができたのはマイケルの最後の贈り物 プレゼント だったのかもしれません。コンサート行ってみたかったなぁ・・

 
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード