FC2ブログ

Happy GW!!

あおもりぐ~るぐる

 みなさま10連休いかがお過ごしでしたか。長い長いと思っていましたが、過ぎてみるとあっという間でしたね。サービス業はみんなが休みの時にこそ働くモノですので、普段は仕事のことが多いのですが、なぜか今年に限って休みが非常に多く、思いがけずエンジョイしてしまいました。

 GWの幕開けは、ささらの庭のタラの芽の天ぷらから♪天気の回復を待っているうちに少し大きくなってしまいましたが、春の香りに満ちていてとってもおいしかったです!!少し肌寒かったですが、外でご飯を食べられる暖かさになってきてのもなんだかウキウキしつつ。

ウチの桜もよきかな  待ってました!!

 混雑が苦手になってずいぶん経ちます。弘前の桜も好きですが、数年前までは混雑を避けて早朝にお花見に行っていましたが、今年は友人に誘われて久々昼間の弘前へ。お昼にかけてどんどん人が増え、帰る頃にはまっすぐに進めないほどの人ヒトヒト。たこ焼きに並び、オートバイサーカスに並び(これは初めてだったけどスリル満点で面白かった!)、ランチのお店でも1時間待ち。よく待ったなぁ~~。でも弘前の桜は満開をちょっと過ぎてもキレイ!!天晴。 

弘前城の桜はやっぱりキレイ  弘前城花筏  ひねもすのたり

 そして別の日は下北へ。ハマナス花摘み体験の下見?をかねて。ニオイコブシやコブシの木を探しつつ、寒立馬を眺め、海岸のハマナスの若葉を愛で、仏ヶ浦を見下ろし、黒文字の花を見つけては盛り上がり、脇ノ沢のお猿と見つめ合い、サイゲンジやエレカシ、90年代の音楽で盛り上がり、とっぷりと日の暮れた青森へ戻りました。広いけど、日帰りでなんとか回れるね、下北!

寒立馬を見たり  浜のハマナス観察をしたり  仏ヶ浦を見たり  黒文字in下北

 そして別の日は、田沢湖でキャンプ、改め、茂浦でBBQ&キャンプ!田沢湖は雪の予報があったので、変更しました。桜にも平気で雪の積もる青森ですから、用心に越したことはありませんよね。夜は妹夫婦と星空の下で焚き火を囲んで乾杯。炎を見ていると右脳と左脳のバランスが整うと聞いたことがあります。パチパチとはぜる音を聞きながら、とってもいい気分で早めに就寝。次の日は横浜町の菜の花(6割くらいでした、惜しい!)を見たり、寺山修司記念館フェスティバルでオドラデク劇場を鑑賞し、もう一晩泊まって帰りました。2泊するととってもゆったりした気分。

茂浦海岸  黒文字in茂浦  BBQをしたり  焚き火をしたり

 お休みのさなかにも、アスパム1階の北彩館に置かせてもらうことになった白神アロマの様子をうかがいに、また、外国人のお客様向けに、英語のポップを作って持って行ったり、ちょこちょこ仕事も挟みながら、GWオオトリのイベントは古典インド音楽のライブでした。ゆざーんさんのタブラと、新井さんのサントゥールという弦楽器のデュオ。マジック、もしくは早送りとしか思えない手さばきに、サントゥールのエキゾチックな調べがとてもステキにマッチしていました。

菜の花はまだ6割  寺山修司記念館フェス  アスパム一階

 あっという間の10連休、たくさん遊んで、まるで子供の頃の夏休みのような、童心に返った日々でした♪

雨の鎌倉

白神アロマセミナー終了!

 先日の東京での白神アロマのご紹介セミナーは、おかげさまで無事終了いたしました。白神モニターツアーの説明会も兼ねていたのですが、ありがたいことにツアーへのご応募もたくさんいただきました!よかった(^^)来月白神でお待ちしております!

 今回開催させていただいたのは、アーユルヴェーダの大先生、西川先生の銀座のサロンにて。西川先生のアーユルヴェーダ的観点からの白神のご紹介はとても興味深く、「ぜひ行ってみたい!」と思ってしまうような、ステキなお話でした!参加者の皆さんも目を閉じて、「ここは白神♪」という感覚を堪能していただけたのはないでしょうか。

白神アロマin 東京①  白神アロマin 東京②  白神アロマin 東京③

 今回は仕事はその一日。せっかくなので、思い切って東京で少し羽を伸ばしてくることにしました。いつもは、プライベートの時間を設けても、結局仕事関係のところにご挨拶に伺ったり、アロマシーンをリサーチしに行くことが多くなってしまうのですが、たまには関係いないところでのんびりしようじゃないの、ということで、鎌倉へ日帰り旅。

 実は鎌倉は初めて。よくわからないので、ネットの日帰りツアーをまるっとたどることにしました。鎌倉といえば、鶴岡八幡宮。鳩サブレー!雨のそぼ降る朝でしたが、まぁまぁ混んでました。鶴岡八幡宮までは小町通りというステキなお店の並ぶ通りを抜けていきます。人もすごいけど、お店もかわいいのがたくさん。胃袋が五個くらいあったらいろいろ食べられるんだけどな。

鶴岡八幡宮  幸運の白鳩~  雨の参道@寿福寺

 鶴岡八幡宮は長い階段の先にありました。5円玉を投入して10個くらいのお願い事をしました。遠くまで来たもんでつい。。境内には今を盛りのキンモクセイの香りが満ちており、青森ではあまり見かけない木がいくつか。あたりをつけて聞いてみると、案の定「槙」という木でした。「高野槙」は精油も作られています。匂い嗅ぎたかったけどなんだかバチが当たりそうなのでちぎれませんでした。お願いもたくさんしちゃったので、ちょいと気が引けて。。

 天気もイマひとつなので、歩いて回れる近所のお寺をちょちょいっと見て帰ることに。寿福寺。鶴岡八幡宮から徒歩5分以内なのに10分たっても着かない。あれ?とおもいキョロキョロしていると、通りすがりのおじいさんが、案内してくれました!いい人!その方曰く、寿福寺の参道は雨の時にとても麗しく見えるんだよ、と解説してくれました。確かに。いい感じ!ちょっと横道を回ると、幸運の白鳩がたくさんいるじゃありませんか!鳩サブレーのモデルさんたちだな、と思いながらパチリ。さぶいからか首を埋めてまん丸まっていました。

酔芙蓉 英勝寺 秋深し  

 最後は寿福寺の隣の英勝寺。こちらはお庭を散策出来るそう。ヒガンバナは終わっており、白とピンクのお花を付けていたのは酔芙蓉。柔らかそうな花びらが可憐です。階段の先には一風変わった風景が。アジアの寺院のようでした。お寺の方の言うところには、お花とか紅葉の季節だともっと人が出ているとのこと。9月後半というのはちょうどその合間だったのですね。

萩の小径  苔むした枝  @julep

 違う季節にまたいけたらいいな♡夜はお友達とオサレなラム酒バーへ。青森にも来たことのある人のお店。おいしかったです。もう一日ゆっくり過ごすつもりでしたが、台風接近のため一日繰り上げて帰りました。お友達のサロンで全身たっぷりマッサージを受けたり(施術受けるのかなり久しぶり!)、昨年白神を訪れてくれた人たちと超にぎやか女子会で肉を喰らったり、短いわりに充実度200%!!堪能しちゃいました~(^^)ありがたし♡♡♡


寒い寒い!

おかゆと来世

 朝晩の冷え込みが半端ない今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?特に台所が寒すぎて料理する気になれませんね。。しかし世のお母さん方、料理担当の方々は、そうも言っていられない。今年は年末年始の暴飲暴食の祟りのため、おかゆ生活を敢行しておりました。

 ごはんをじ~~っくり炊いて、押し麦やソバの実を入れましてトロトロになるまで煮込みます。キャベツやごぼう、おネギ、鮭なんぞ投入することもしばしば。最近すっかりお気に入りの茅乃舎のおだしを少々。食べるときに梅酢を少々。たまには卵も入れましょうか。鶏団子が入るといいお出汁が出ますよね。トマト風味のリゾット風もなかなか。おい、チーズはないかね?あります、ありますとも。と、どんどん豪華になっていき、腹いっぱい食べてしまうので少し控えよう、と最近普通のご飯に戻しました。

 自分が、おかゆが好きだなんて全然想定外でしたが、おかゆにするとおなかにも優しいし、少しのお米でおなか一杯になるし。お米の味をじっくり堪能できてなかなか良かったです!質素なおかゆを食べていた最初のころは、外食とかが重たいな、と感じることもありました。これはいい感じ!と思ったのですが。。ついついゴージャスにしたくなっちゃう性分で。。でも思ったのですが、重たいと感じるのはやはり油のような気がします。最初は物足りなかったけど、おかゆはノンオイル!朝晩ノンオイルにしていると、外食が響くようになったんだと思います。

 昔に比べると食事の量も質も好みもだいぶ変わったと思いますが、年々落ちる代謝力、今までと同じ量食べていたらだめなんだよ、と、よくわかってはいるのですがなかなか調整が難しい。。目の前にカニクリームコロッケとかあったら、つい手を伸ばしてしまう悲しい現実。ま、気をつけましょう。

 毎年ダイエットの誓いを立てる友人とはまだその話には触れていませんでした。でも今年はアフリカンダンスをやる予定だから大丈夫でしょう!!素人ばかりのアフリカンダンスワークショップをそのうちやりますので、体を動かしたい方はどうぞご参加くださいね!

 前に書いたことがあるかもしれませんが、私はもし生まれ変わるとしたらダンサーかスポーツ選手、もしくは探検家になってみたいです。踊る楽しさは少しはわかると思います。でも人に見せるために踊るって、また全然別世界のような気がするのです。そしたら私は今あまり気にしていないようなことをすごく気にするようになって、そうしたら世の中の見え方が全然違うようになるんだろうか。

 ま、それは来世で楽しむこととしますか。

 今年も気になるイベント目白押し!!健康的に暮らしつつ、おいしいものもたくさん楽しみましょう!

雪だるまん

一足遅れの・・

おひなさま鑑賞

 春はあけぼの、早起きもそれほど苦ではない季節となりましたね。年々冬が短くなっているような気がするのはきっと気のせいですね。今年も雪かき頑張りました!冬の早朝に、体も目覚めぬうちから雪かきをする、これは本当に不健康なことで、短命県体験ツアーのアトラクションにもなっているみたいです。接骨院の先生に聞いたところ、目が覚めてから体がちゃんと目覚めるまで、2~3時間もかかるのだそうです。学生の頃や、仕事し始めのころは早起きが苦手だったので、目が覚めてからいかに短時間で準備をして家を出るか、ということに相当の力を注いでいました。昔から寿命を縮めていたようですね。

 さて、もう三月も半ばを過ぎてしまいましたが、三月といえば桃の節句、女の子のためのお雛祭りの月ですね!ひな祭りを祝ったのはいつだったろうか、というほど記憶が薄れていますが、先日、お友達のところでお雛様を飾ったので見に来ませんか、とご招待いただきました。とっても風流なお誘い!ということで、母と二人でいそいそとお邪魔してきました。

お雛様~  思い出の・・  おひなさま スズキ

 三段仕立ての素敵なお雛様。お内裏様とお雛様、三人官女、桃と橘、そういえばそういうものが並ぶんだったな、と久しぶりに思い出しました。あまり明るくないお部屋にしっとりと飾られていて、とても厳かな空気を漂わせていました。

 そしてお席を移動して、お抹茶をいただくことになりました。お湯はお気に入りの鉄瓶で。ぴゅーぴゅーと、松風のようなかわいらしい音がします。岩手の手作り村で購入したという鉄瓶は、小ぶりでコロッとしているけど結構な重さ。春にピッタリの鶯餅や桜餅、そして飴細工のお菓子などをいただいて、お抹茶を一口。甘くなった口がすっきりと引き締められます。

お茶菓子盛  春のお菓子  お茶菓子  おひな抹茶

 お部屋のあちこちにちりばめられたお雛様グッズを眺めながらおしゃべりにも花が咲きます。

 ついつい面倒になりがちな、季節の飾り。気持ちを切り替えたりするのにもとっても便利かもしれないな、と改めて思いました。来月はお部屋にも桜の花を飾ろうかな。

 ところで、先月、さゝらママのお誕生日のプレゼントとしてブログを本にしたものをプレゼントしました。さゝらの展示に関する記事だけを抜き出して本にしたものです。2008年にオープンしたので、7月で丸8年になります。え!?そんなになるんだっけ!?と我ながらびっくりしてしまいますが。毎月毎月、ずいぶんいろいろ展示したものですね。本にするにあたり、あまり分厚くなってもかっこ悪いので、とりあえず第一弾は2008~2012まで。自分の文章を改めてみるのは少し気恥ずかしいですが、それよりも!残念だったのは、さゝらのお弁当ランチの画像がないことです!あんなに毎日作っていたのに!!とてももったいないことをしました。。反省。。

ブログ本 表紙  ブログ本 中身1  ブログ本 中身2

 来年の誕生日には2013年以降の記事を本にしてプレゼントしたいと思います。とってもいい記念になりました!お店にお越しの際はぜひ手に取ってご覧くださいね!

それぞれのよさ

若さと老い

 今年もはや3週間が過ぎました。私は、誕生日を迎えてめでたくまた一つ年をとりました。生を受けた喜ばしい日であり、親に感謝する日だと思います ではありますが、冥土の旅の一里塚とは言いませんが、自分の持つ年齢という数字に確実にプラス1が刻まれる日でもあります 法的には二十歳で大人ですが、二十歳のころに大人になったんだな、という自覚を持ったことはありませんでした。想像していた「大人」の年齢はとっくに超えてしまいましたが、改めて、大人の魅力とはどんなものなのか、そして若さの魅力とはどんなものなのかと。

 「若さ」の魅力は何といってもそのプリプリ感 フレッシュ感。勢いでしょうか。知らないことがたくさんあって不安なはずなのに、なんだかやけに堂々としていたような気がします。新鮮に驚き、喜び、悲しみ、悩み、怒り、笑い、一生懸命生きていたように思います。その時は全力とは思っていなかったかもしれないけど、勉強に部活に家のことなどそれなりに忙しいし、いつも小さな目標を意識していました 今にして思えば、余裕をもって暮らすことなんてできなかったと思います。今の時間のなさとはまた別の忙しさ。

 「好奇心を失うことが老いである」と誰かが言っていましたが、大人になってからの忙しさは、好奇心を奪い去るような無情さがあるような気がします 生活とか、責任とか、そういう重さのある忙しさだからなのかな。また、一つの生命体として、成長期を終えたことの実感として、カウントダウンを感じ始めているということなのか。と考えるならば、「無限に広がる可能性を持っている」ということが若さの魅力の真髄といえるのかもしれません。

 では、老いるとは。自分が大人になったな、と感じるときはいろいろあります。高校生や大学生がとても幼く見えるようになったこと。笑って許せることが増えたこと、笑いのツボ、泣きのツボがすっかり変わったこと、などなど。あげるといろいろ出てきますが、特筆すべきは、いろんなものを味わえるようになったことです 食べ物でも物事でも。昔は「好きなものは好き、嫌いなものは嫌い」と思っていましたが、今は、そうとは限らない、と感じています。正面きって見えるものの後ろに見え隠れする何かを想像するようになった気がします。だから物事に割と余裕をもって向き合えるようになったのではないかと。昔苦手だった食べ物が食べられるようになる、というのもそういう仕組みなんじゃないでしょうか。実際のところそれは老いではなく成長の続きといえるかもしれません。

 「老い」でイメージするのはやはり「衰え」でしょうか。人によるとは思いますが、昔と明らかに違うことは増えてきます。体力、身体機能の衰え、そして気持ちの衰え。めんどくさい。やる気が出ない。涙もろい、もしくは無感動。若いころの感覚とはちょっと違う悲哀を帯びています。加えて、思い出せない。覚えられない。となってくると、本当に切なくなってしまいますよね

 確かに「衰え」と考えた時に無視できないものはありますが、それと反比例するように、感じる力が変わってきていると思います。つまり、若いころは感じる力が未熟なので、はちゃめちゃをしたり、刺激を求めたりして充足感を得ていましたが、今はもっと些細な事でもじんわり感じ入ることが増えました。例えるなら、若いころに感じるお米 のうまさと、今感じるお米のうまさは別物であると。経験や知識などにより、「うまさ」の意味合いが違っているのではないかと思います。

 と考えると、老いの魅力とは「深み」といえるのかもしれません。言葉にしてしまうと少しチープな感じですが、これによって、人生はもっと面白く、もっともっと愛おしいものになっていくような気がします。欲や執着が感謝や愛に変わっていくことで、幸せに老いることができるのではないでしょうか。日々是精進。今年も感謝と感動を大切に暮らしたいですね


 
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード