香りと記憶

脳へダイレクトに!

 少し前になりますが、テレビで認知症の予防にアロマを使うというのをやっていたそうで、私はリアルタイムで見られなかったのですが、お問い合わせが相次ぎまして。ほんまかいなと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、嗅覚への刺激は、脳 の中でも大脳辺縁系という、脳幹を囲む部分へとダイレクトに伝わります(聴覚や視覚は大脳新皮質という脳の外側の部分を経由します。)。大脳辺縁系は、記憶をつかさどる海馬などに密接しており、そこでビビビ と電気刺激が起こり、つられてその近辺のちょっとお休みしていた神経線維なども揺り起こされる ということです。

嗅覚と脳の働きの関係については長い間研究されていますが、TV 効果はすごいですね。香りなんだからかぐだけでいいのは当たり前なんですが、かぐだけ!と改めて言われると、え?それだけでいいの?と思ってしまいますね。でも本当にそれだけでいいんです!むしろ、「香りをかぐ」というシンプルな行為がより効果的かもしれません

 嗅覚の特徴のひとつとして、長い間同じ香りの中にいると「嗅覚の減衰」といって、その匂いを感じなくなってしまう、という状態があります。特にアロマセラピーのような自然で穏やかな香りは減衰しやすいかもしれません。香りを感知しなくなってしまうと、芳香分子は呼吸とともに体内に取り込まれますが、脳への刺激はなくなってしまいます

 テレビではペンダントみたいなのに垂らすとよいといっていましたが、そういう理由からだと思います。ペンダントでなくても、鼻の近くでできるだけ意識的に香りをかぐことができれば、脳への刺激は十分に行われると思いますので、試香紙やハンカチなどに垂らして胸ポケットに入れるなどして工夫してみればよいかもしれません

 先日の日曜日に、さゝらで記憶力UPアロマのミニ講習会を行いました。講習会の前に、参加者の皆さんへのサプライズとして大人向けの絵本読み聞かせをご披露していただきました。心温まるお話に、みんなすっかりリラックスした様子でした。近々さゝらでは大人向け絵本の読み聞かせの会 が催される予定です。ご興味のある方は是非ご参加くださいね!

 講習会が始まると、参加者の皆さんは香りをクンクン嗅ぎながら、へぇ~、ほぉ~、ふぅ~んとお話を聞いてくれました。アロマセラピーとはどんなもので、どのように脳を刺激するのか、そういったお話を一時間ほどさせていただきました。ラナクラクラでは、朝用と夜用の香りをブレンドして、約一か月分(各2.5ml)で2本セットで¥2,000で販売しております。お試しにも、プレゼントにもお手頃なんじゃないでしょうか。さゝらでもラナクラクラでも常時販売しております。

 これを機に、アロマライフで記憶力をUPして 、ついでに免疫も上げちゃったり 、リラックスもしちゃったり で、素敵なヘルシーライフを♪♪



プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード