スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっというまに8月

釉掛け

 暑い毎日が続いていますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。私はもう汗っかき全開で、一日中水分飽和状態です。カビるんじゃないかと心配しています。そんな暑い中、8月の作品展にむけて、くりのこみち窯では本焼きを行いました。陶芸教室の作品も一緒に焼くということだったので、釉掛けという作業を行いました。

 陶器は、できあがるまでの過程がとても長いですね。土をこねて、成形して、しっかり乾かして、削って、素焼き。そして釉薬をかけて本焼き。釉掛けはかなり最後の段階ですが、どんな色にするのか、仕上がりを左右する、大変重要な作業でもあります。素焼きの陶器に絵付けした上に釉薬をかけると、絵が見えなくなってしまいます。どんなふうに仕上がるのか、本当にできてからのお楽しみ!

撥水剤を塗る  漉す  釉掛け

 各自、自分の作品に思いを込めて、釉薬をかけていきます。私は、以前クラフト市で購入したペンダントトップを作ってみました。まずはまねっこ。初めはかわいい顔や猫ちゃんの顔にしていましたが、気が付いた時にはゾンビ風に!!やはり。

 無事、焼き終わりましたが、取り出せるのは窯の温度が十分に下がったころ、つまり二日後以降ということです。早く見たい!期待と不安の募る二日間ですね。

ペンダントトップ?  おだんご型箸置き

 ところで、畑の作物は収穫期が続いています。なんと、ブロッコリーが!ちゃんと食べられるほどになりました!私のげんこつの1.5倍ほど。やるじゃないの!しかし葉っぱは、見るも無残に食い散らかされました。青虫の野郎どもに。畑の上をひらひらと羽ばたくモンシロチョウを、苦々しい思いで見上げていますが、まぁ、ブロッコリーは葉っぱを食べるわけじゃないし。せっかく無農薬だからと、こうして訪れてきていることだし。少しは見逃すことにしましょう。

青い奴ら  ブロッコリーやで!  そこで休むな!

 しかし、数日あけて畑の様子を見に行ってみると、ブロッコリーの房のところに無数の青虫がへばりついて休んでいました。そこはダメよと摘み上げ、遠くにブン投げてさし上げました。わさび菜くっついている虫は、粘着が弱くて、ちょっと触るとコロロンと落ちてしまいます。これまた処世術なのでしょうね~。でも所払いの刑。

トマト花  青虫inわさび菜  きゅうりのお花

 キュウリやナス、トマトもお花を咲かせて、実りの時期を迎えています。蜂さんの助けを借りて受粉して、後は実るのを待つだけ~。南瓜ももうすぐ食べられそう!早く収穫祭をしないと食べるものがなくなっちゃいそうだな~。


スポンサーサイト
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。