FC2ブログ

3月さゝらは・・

一五〇歳のひな人形展

ひなポスター

3/2(木)~3/31(木)
月~土10:00~15:00  /  日・祝11:00~16:00
(定休日:毎週火&水曜日)

ランチ:トースト&サラダセット \600 etc..  珈琲コーヒー¥400
※出展者募集中!さゝらで展示してみたい方、ぜひぜひお問い合わせください! → ranaclacla@gmail.com

お内裏様とおひな様 三人官女の内二人 バチなし小僧

今月ささらでは、どど~~んとおひな様が飾られています!我が家にもおひな様はありましたが、飾ったのは小学校低学年くらいまでだったかな?いつのまにか出すのも片付けるのも面倒になり、我々もそれほどよろこばなくなったので出さなくなった、って感じだったでしょうか。現代の家におひな様を飾ると、なんとなく不釣り合いというか、感激!というより先に唐突な感じがしてしまいますが、昔の家庭ではきっと、年に一度の女の子のお祭り、皆おめかしして、ひなあられを食べたり手鞠で遊んだり、家族単位の小さなお祭りとして成立していたのではないでしょうか。

 150歳というのは、さゝらママのお母様(私から見ると祖母)が子供の頃から家にあったおひな様、ということだそうです。その当時もすでに買ったばかりの新品ではなかったそうなので、150年くらい経ってるのかもね、ということです。私のイメージしているおひな様と比べると全体的に小顔ちゃん。お顔立ちもそんなにご長寿とは思えないほどキレイ。

 そして壁には初代(二代目?)持ち主であるさゝらママのお母様登美子さんの俳句も飾ってあります。同じ俳句でも、真冬に読むのと春を迎える時に読むのでは受ける印象が変わります。不思議。

「 茶柱の ゆらゆら 雪の三日月 」 「 散り果てて 解脱のかろき 八重桜 」

 おひな様のほかにも、その当時のお人形や、ままごと道具? のようなミニチュアの諸々も飾っています。洋服と和服の中間のような白い服を着た女性のお人形があり、変わった服だな、と思っていると、当時(大正時代?)の看護婦さんの服だったそうです。なかなか渋いですね。

 少し早い春を迎えつつある今日この頃、うららかな午後にお抹茶やお珈琲をいただきながらおひな様を鑑賞してみてはいかがでしょうか。
ナース女史 お道具一式 登美子俳句
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード