FC2ブログ

8月さゝらは・・

鎌田雨渓 高坏 高盃展

高坏たち

8/1(木)~8/31(土)
月~土10:00~15:00  /  日・祝11:00~16:00
(定休日:毎週火&水曜日)

ランチ:トースト&サラダセット \600 etc..  珈琲コーヒー¥400
※ 出展者募集中!! さゝらで展示してみたい方、また、打ち合わせや会議などの場所としてもご利用いただけます。
  お気軽にお問い合わせください!→ ranaclacla@gmail.com 

高坏展  青玉色の  ブルーのティータイム

 8月さゝらは、毎年恒例、鎌田雨渓氏による作品展です。先日ABAが取材に来てくれました。
 ほんの一瞬でしたが、ご覧になった方もいたでしょうか。

 今度のお題目は高坏。普段使いのぐい飲みよりも高さがあり、間口も広く、ちょっぴりおめかしな盃です。
 どんなときに使うのか?おめかしと行って思いつくのは、お正月、来客時、また、気分によっても。おめかしとはいえ、気持ちの問題の部分も大きいと思いますから、今日はコレ!と思ったときに使えばよいのではないでしょうか。

 小指を立てて足の部分を持ち上げてもよいですし、ブランデーグラスのように指に挟むのもよし。水面?酒面?の揺らぎを眺めながら、おいしい一杯をどうぞ。

 壁に飾ってある書は、「作」という字。もともとは「乍」で、こちらは、強い力で木の枝を狭めること言うのだそうです。それを編んで柵などを作ることからはじまり、物を作る、という意味になっていったそうです。しらなんだ。やはりはじめは木工からなのですね。枝を見ているとなにか作りたいような、何かに使いたいような気分になるのは、こういう考えが遺伝子にくみこまれているからなのかな?

 我が家にも加工を待つ様々な枝や石ころが・・いつの日かきっと!

雨渓ヒストリー  作  作-解説

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード