1月さゝらは・・

鎌田雨渓 書作作陶展

 2010年最初にギャラリーを飾るのは、鎌田雨渓による書と茶碗でございます。

石鼓  書作作陶展  お茶しゃく

 今回は茶碗13点、掛軸4点、書額5点に手作り茶杓もという豪華な企画になっております。
いろいろと告知したいことがありまして、さゝらのお知らせが遅くなってしまい申し訳ありません。

 雨渓氏の個展では書と茶碗を同時に展示するスタイルが一般的になっております。書のほうは表装のデザインなども非常に凝っているので、書はあまりよくわからない・・という方でも、見所がたくさんあることと思います。よくよく見ると、読めそうな気がするものもあり、ちょっとうれしくなりますスマイル

書  開発  縞々  書作

 茶碗にはひとつひとつ名前がついており、名前がまた茶碗の雰囲気とピッタリ合っているのがとても興味深いです。名前がつくことによって茶碗への印象が少しグレードアップするような気がします。。ひとつの茶碗に、一体どうやったらこれほど多様な世界を盛り込めるのだろうと、不思議に思ってしまいます。。(ちなみに、陶器でできているのはと書き、塗り物など、木でできているのはと書くんだよ、と最近ある人から教えてもらいました。)

茶碗 ?  風守  茶碗 ?  惑星

 茶碗の魅力は、たくさんあると思いますが、雨渓氏の作るのはほとんどが抹茶碗。手に持ったときのフィット感や、緑のお茶を点てた時の色の具合など、を想像してみるのも面白いかもしれません。残念ながら展示品ではお茶を頂くことはできませんが、お抹茶用のお茶碗は何点かご用意しております アイコン名を入力してください お好きなのを選んでお召し上がりください お茶

 お抹茶を頂きながら、書を眺め、茶碗を眺め、そして竹を眺めて、そろそろ慣れてきた日常からちょっぴり抜け出してみませんか?

Gallery&Cafe さゝら
1月7日(木)~1月31日(日) 
月~土10:00-15:00  日・祝11:00-16:00  (定休日:毎週火&水曜日
ランチ弁当¥850  珈琲コーヒー¥400
お問い合わせ Email: sasaracafe@gmail.com

 

コメントの投稿

非公開コメント

初春
今年もささらへ芸術を堪能しに
伺います。
よろしくお願い申しあげます。
冬らしい寒さですね。
温暖化といえども
やはり冬は寒い日もあった
方がよいかなと思います。

Re: タイトルなし

お待ちしておりますe-348
今年もいろいろと楽しいことご一緒できればと思います!
よろしくお願いいたしま~すe-420

モリモリ雪が降っていますが、たまにのぞく青空にかなり心洗われています。
雪がきれいだな~と思える瞬間ですe-415
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード