奈良大介 ライブ&ワークショップ


楽しかった!!

 奈良大介さん(→奈良大介)による、ライブとワークショップが無事に終了しました。
ちょうど一年ぶりくらいに奈良さんにお会いしましたが、相変わらずにこやかでオチャメなかんじでした。いいなぁ?あの力の入っていない感じ アップロードファイル

 ライブもワークも、毎月ジェンベのワークショップに使わせてもらっているカフェバーアトム(→CafeBar Atom)で。今回は完全アコースティックということで、奈良さんのアイディア 電球 で、ステージをカウンターと反対側の壁面に設置し、ソファー ソファ やテーブル テーブル を半円に配置してみたところ、ゆったり飲みながら食べながら見れそうなゆとりの客席になりました。さらに黄色い きらきら スポットライトでムーディ?な雰囲気に。

 最初はギターから始めるのですか?と聞くと、いや?まだ決めてないんだよね?。お客さんの雰囲気を見て決めようかな? tehe とのんびりしている奈良さんでした。ところが時間が来て始まると、いきなりドゥンドゥンをたたきながら歌い始めたではありませんか kao さすが、予想外の始まり方でした ♪

奈良さんを待つ楽器たち  ナライブ 1部  Babyに見守られて  キティに見守られて

 早く来て前のほうに座っていたささらママは、太鼓の音が始まると、さっそく踊りたいらしく、体がムズムズ動いていましたサタデーナイトフィーバー私は受付だったのでしばらくは入り口から指をくわえて眺めていましたが、やはりなんといっても奈良さんのピカピカnico  明るく楽しい雰囲気 はり・ピカピカがみんなをどんどん惹きつけているような気がしました。宴もたけなわになったところで休憩を挟んで第二部へ絵文字名を入力してください第二部は八戸のアフリカンチームNgoma(ンゴマ)と奈良さんによるアフリカンナイトでした たいよう

踊る豹柄  ナライブ 2部  奈良さん with Ngoma  Drummer Smile

 第2部は、テーブルやイスを寄せて踊りたい人は踊れるように広々した空間で。。曲を知っていてもいなくても、青森の人はねぶたでタイコ慣れしているのでわりとノリやすいのではないかと思います。私と妹も途中で一緒に叩かせてもらいました!リハーサルの時はなんとかいけそうな気がしていたのですが、緊張のためギクシャクしてしまい、最終的には、まぁいっか!?みたいな感じになってしまいました汗 楽しみながらきちんと演奏するって難しいですね 思考
 
 ライブやワークなど奈良さんとの時間を通じて今回もたくさん勉強になりましたが、奈良さんのいわく、「プロとアマの違いは、表現をしていく中で、どれだけ想いを伝えられるかっていうことだと思う」と。力まずに日々を過ごしていそうに見える奈良さんですが、やはりプロフェッショナルなんだな、と感じさせる、ジャンルを超えた熱い一言でした。

 そうは言っても、バサバサ降る雪を見て喜んだり、打ち上げではジェンベを叩いたり、ドラムを叩いたり、無邪気に楽しんでいるようで、その辺のバランス感覚がすばらんすぃ きらきら、とさらに感動いたしました。ライブに向けていろいろとご協力くださった皆様、そしてお足元の悪い中聴きにきてくれた皆様、本当にありがとうございましたありがとうありがとう 今回来られなかった方も、またの機会にぜひ GOOD

ドラマーな一面


コメントの投稿

非公開コメント

「茶碗と書」とてもステキでした。
手作りピクルスもとてもおいしかったです。

他のゲストの方々とのおしゃべりも
楽しくていつもと違う時間を過ごすことが
できました。

家に帰ったらリフレッシュしていた
自分の存在に驚きました。

Re: タイトルなし

昨日はすごくにぎわっていたようですね!
ご来店ありがとうございましたe-446
タイミング合わずご挨拶できませんで失礼しました。。

いつもと違う時間を過ごすのはとってもリフレッシュになりますよねe-267
よかったですね~e-319

ピクルス作り、がんばってくださ~いe-348
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード