3月さゝらは・・

 三上忠志 透明水彩画展
 3月1日(月)~29日(月)


三上忠志 透明水彩画展 1

月~土10:00-15:00 /日・祝11:00-16:00 (定休日:毎週火&水曜日)
ランチ弁当¥850  珈琲コーヒー¥400
お問い合わせ Email: sasaracafe@gmail.com

枯れ木に花を  暗雲?  水タマリン  古家

水彩画には透明水彩と不透明水彩があるというのをはじめて知りました。不透明水彩は油絵のように絵の具を重ねて描いていくのに対し、透明水彩は色を重ねないので透明感のある仕上がりになるそうです。


寒さで張り詰めていた空気が

お日様のチカラでやわらかくなっていく

太陽は

雪を溶かして

景色を春に塗りかえる魔法を使う

ゆるゆると

塗りかえられてゆく空気はちょうど

微熱を帯びた時のように気怠くあいまいで・・

ふと

微熱から醒めてみると

足元から広がった春の色は

一面を

透明に彩っていった

むか?しむかし  流れ流れて  でぇごん  古家  

透明水彩画のふんわりした色彩は、春を連想させます。さゝらで一足先に春の空気を感じてみてください。
看板魚の金魚隊もお待ちしております

うちのキンキン  Beyond the sky  

コメントの投稿

非公開コメント

水彩画 といえば
マリーローランサン
淡い色彩を初めて見たとき
ひきこまれる感じでした。
・・・といっても雑誌かなにかですが
思い出させてくれるような
作品たちですね。
楽しみです。

Re: タイトルなし

マリーローランサン、美術の教科書に載っていましたね!
なんともいえないやさしくてはかない雰囲気が素敵ですよね~~e-272

そうか~水彩画だったんですね。
改めて納得!
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード