スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月さゝらは・・・

「藍」織遊び・・・ 有馬照子
'10 5月1日(土)~31日(月)


藍染タオル

月~土10:00-15:00/日・祝11:00-16:00 (定休日:毎週火&水曜日)
ランチ弁当¥850  珈琲コーヒー¥400
お問い合わせ Email: sasaracafe@gmail.com

藍色に染められた様々なものが展示されています!なるほどこんなものまで・・先月のカラフルでにぎやかな店内とは対照的に、青色の空間に浸ることができます。

染めバッグ  木の葉  裂き織バッグ  Swallowtail

昔々あるところに、小さな池がありました。

人も来ないようなず~っと深い山奥にある小さな池は、

透明な水をたたえてひっそりと暮らしていました。

昼間は緑の木々を映し、動物たちが水を飲みに来ます。

そして夜になると、夜空の星が散歩の途中で立ち寄り、休憩していきます。

小さな池は、星の瞬く夜空を映して藍色に染まる夜が大好きでした。


しかし山奥だったその場所は、時とともに開拓され、

村ができ、町ができて、建物が立ち並び、

夜空は街の明かりに照らされて薄紫色になり、星はいつのまにか見えなくなりました。

小さな池は変わらずそこに在りましたが、

動物もいなくなり、池に映るのは枯れた林と灰色の空ばかり。

星が立ち寄ることも、藍色に染まることもできなくなってしまいました。


一人ぼっちになった小さな池はある日、神様にお願いしました。

寂しくてたまらないので、昔を思い出せるように、自分を藍色にしてください、と。


その願いは叶えられ、小さな池は昼も夜も藍色の水をたたえるようになりました。


遠い遠い空の上から、藍色の池を見つけた星がひとつ、

降りてきて休憩しました。

その星を見つけた小さな男の子が、空を指さして「お星さま!」と言いました。

そばにいた大人は、自分が久しぶりに夜空を見上げたことを思い出しました。

そして昔自分が見た、たくさんの星が輝く藍色の夜空を、男の子にも見せてあげたいと思いました。


 藍染というと、小学校くらいの教科書に載っていた、「キツネの窓(???)」というお話を思い出します。きつねが化けた染物屋さんが、指を青色に染めて作った小窓から覗くと何かが見えると・・細かいとこは忘れてしまいましたが、いいお話だったような印象が残っています。「青色に染まったこぎつねの指」というのがなんとなくかわいくて覚えていました。まったく、昔の記憶のほうが比較的クリアであるということが、末恐ろしい今日この頃であります。。

えいらっしゃい!  スッパリ  ローズオーナメント  ストール

 5月は都合によりお休みが多くなっておりますので、ご来店の際はお気をつけくださいませ。
臨時休業:9日(日)・15日(土)・16日(日)・17日(月)
 大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。