テラシュー

キネンカンフェスティバル

 先日、とても久しぶりに三沢にある寺山修司記念館に行ってきました!途中十和田に寄ってお友達とお茶をし、ついでに十和田美術館を外だけチラ見、草間彌生さんの作品が展示中だったようで、外にもオブジェが色々と並んでいました。水玉のカボチャやわんちゃんの他、別の方の作品でしたが、モコモコしたしゃべる家や、ちょっと余分なお肉がついてしまったような赤いスポーツカーもほんのり親近感を覚える感じで。

水玉わんちゃん  モコモコCar  In the pumpkin  水玉天国

 晴天のもと、矢印に導かれて寺山修司記念館に到着するとイベントはすでに始まっており、壇上では、寺山氏の元奥様、九条今日子さんと三上博史氏がトークをばしていました。三上氏は寺山修司の映画に出演したことがあるそうで、それ以来のお付き合いということでした。第二部、福士正一さんによる暗黒舞踏、岡三沢神楽とともに、そして寺山作品を朗読してくれた地元の中学生とともに。接近する福士さんにビビって固まる中学生がかわいかったり、いつもよりもほんわかした雰囲気だったように思えます。晴天仕様だったのでしょうか。

テラシュー夏フェス  正ちゃん  あ?そび?ましょ

 第3部は、三上博史氏とミュージシャンの皆さんによる朗読。そして歌。寺山修司氏の活動は非常に多岐にわたっており、作詞もそのひとつです。誰でも知っているところでは、あしたのジョーのテーマ。ちゃんと聞いてみるととても深い歌詞だったのですね。。尾藤イサオさんが歌っていたのも知りませんでした!いい声!

三上博史氏と仲間達  壁1  壁2




 寺山修司記念館はロケーション、外観、館内も(残念ながら館内は撮影禁止になっていますが)と?ってもロマンがあって夢の広がる場所です。青森という土地に生まれ、自然に囲まれ、厳しい冬を暮らす中で、彼はどんな風にあの独特な哲学を築いていったのでしょう。
「今まで出どれだけの数の矢印を見てきましたか?」「ん、それは自分の足跡の数だけ。」
「自分を数えるとしたらどんな単位ですか?」「一回とか二回とか、回数になるだろうね。」インタビューの映像はもちろん皆順番待ちをしてかぶりついて見ていました。

Welcome!  100年たったら・・  うっしー!

 歌も演奏もものすごく雰囲気があってカッコイイうえに、歌詞のインパクトがすごいなぁ?と思った曲。昔の歌って口数が少ないけど強く記憶に残るものが多いんじゃないかと感じるのはなぜなんでしょうね。浅川マキさんの「ふしあわせという名の猫」



 


コメントの投稿

非公開コメント

No title

その節はどうも~。
パンごちそうさまでした~。

十和田、結構暑かったデスね~。

十和田市内は段々、芸術の町っぽくなってきましたね。
町中、水玉模様だったし(笑)。

また、遊びに来ますね~!

Re: No title

こちらこそ、どうもどうもe-250
暑かったです、ほんとに。。

今度はもう少しいろいろブラブラしたいです!

また遊びに行きますね!
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード