スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lavender

HERO

 とっても素敵なラベンダーの精油が届きました アロマセラピーで最もよく使われている精油であるラベンダー、学名はLavandula Angustifoia。私が使っているマテリアアロマティカではLavender High Altitudeという名前です。ラベンダーは地中海沿岸地方が原産なので、私の中では勝手に、一年中春みたいに温かく、さわやかな海風の吹く楽園、というイメージでしたが、実はHigh Altitudeという名前にもあるとおり、大変標高が高く涼しいところ なのだそうです。海抜700?1,400m、青森で言うところの田代高原みたいな高さだそうです。

 鎮静作用が高いとされるリナロールリナリルアセテートという成分を多く含み、刺激が少ないので小さな子供からお年寄りまで幅広く使えるスーパーヒーローです。頭痛や不眠症の改善に、また、切り傷、にきびなどお肌のケアに、肩こり腰痛など痛みの緩和に、風邪予防から虫除けまで、とにかく使用範囲が広いので使用頻度もおのずと高くなります。

 しかし日本人の嗅覚にはあまりなじまない場合もあるらしく、単品でかぐときついと感じる人も多いようです。やはり生まれ育つ環境によるみたいですね。私も昔はラベンダーの香りは苦手なほうでした。しかし、いつの日からか解禁になり、今では大ファンです!おでかけの時にもラベンダーをつけることは比較的多いです。お気に入りのブレンドはLavender&Bergamot。この二つを混ぜると本当に香水のように華やかな香りになります。

 私がサロンで使っている精油の会社アロマティークでは9月からラベンダーフェアを開催しています。→ラベンダーフェアとは、同じ種類のラベンダー(Lavandula Angustifolia)を世界各地で収穫し香りの違いを楽しもう、というものです。マニアックですねぇ 。私も店頭に赴き、長???いこといろいろかぎ比べて、全8種類(フランス産野生種3種、ブルガリア、クロアチア、スペイン、北海道、そしてオーストラリア産有機栽培種)のうち4種類を厳選してきました。どれもラベンダーなのですが、やはり違う!しかも、試香紙に垂らして少し時間をおくとみるみる香りが変わってくるではありませんか!不思議!

 各生産地の中でも北海道興部産のものは、本当についこないだ収穫したものを蒸留したばかりなのだそうです。そこまで新鮮な香りをかぐ機会はなかなかないでしょう 精油抽出時に取れる、精油成分の溶け込んだ蒸留水(ハイドロゾル)も、今年初めてハマナスが登場しました。バラ科 だけあってとても上品な香りです。

 香りは言葉で説明してもなかなか伝わらないので、ご興味のある方はぜひぜひかぎにいらしてみてくださいませ。一番 最初にかいだ香りが基準になってしまうようで、かぐ順番を変えると印象が変わった感じがするのがまた面白いです。癒石を選ぶときには目でみて直感的に選んだ石がソウルストーン 精神的ブロックを解く石なのだそうです。真っ先に手に取る精油もなにかしら訴えるものがあるのでしょうか!? ないか



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。