スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠

久しぶりに先生に会いました。

 長らくお世話になったAROMATIQUEにお買い物に行って、帰りの車に乗ろうとした時、ちょうど明日のアドバンスのため、あづさ先生とアドバンスの講師である新開さんが到着されました。久しぶりにお会いしましたがお二人ともとても元気そうでキラキラキラキラキラキラしていました。

 ニコニコしながら会社のことを語る先生は、楽しそうで前向きで、しかし奢ることなく、以前と変わってないな、と思いました。東京ではミッドタウンに店舗を構え、何十人というスタッフを抱え、決していいことばかりあるわけではないと思うのですが、そんな中で、何年もの年月を経ても変わらない先生らしさ はすばらしいと思いました 花

 先生曰く(ブログにも鉛筆いるそうです→www.aromatiqueltd.com)、「甘える」ことと、「頼ること」は違うんだよ、と。 「人に頼る」というのは、自分という軸があってこそ成り立つ関係であり、 「人に甘える」というのは、完全に自分をその人次第にしてしまうこと だ、と。だから自分は甘えることはしないけど、人に頼ることは是非したいと思う、と。それは自分に相当しっかりした軸がないと言えないことだと思います。
 
 人に頼るとは勇気羽1のいることです。しっかりした軸がありつつ、柔軟であり、謙虚でなければできないことだと思います。社長である先生がそういう気持ちであるのは、やっぱりすごいな、と思います。Aromatiqueにいたときは先生が青森に帰ってくるたびにそういう話を聴け、アドバンスの授業でもいつも、先生って成長ふたばし続けてるんだなぁ?と感じていました。改めて、贅沢な環境だったと思います。

 24歳でアロマセラピーをはじめて25歳で先生と出会い、それ以来ずっと先生の下で学びながら働き、そして、今があります。自分にとってのアロマセラピーとは何だろう jumee☆whyR、と考えますが、やはり先生に教えてもらったことが根底にありますし、そう思えることがなんとも嬉しいです kao02

 独立するに当たり、絶対にコレだけは守ろうと心に決めていたことが二つありました。何があっても人をうらやまないこと、そして謙虚であること。先生の弟子として、アロマセラピーを続ける以上は、師匠に恥じないセラピストでいられるよう、これからもがんばろう!と決意を新たにしたのでしたファイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。