第五回 しずくてーる

骨と筋肉 体の仕組みについて

 先日、今年最後のしずくてーるセミナーを行いました。
 今回は、青森市にある、あおば接骨院の加藤先生を講師にお招きして。アロマセラピーといっても、多くのサロンではマッサージトリートメントを主体としているところが多いのではないかと思います。今回は身体に触れる 仕事に関わる上で知っておきたいこと、骨 や筋肉 の構造、痛みの起きるメカニズムなどについて学びました。

 アロマセラピーの授業でも解剖は勉強しますが、接骨院的視点からのいろいろなお話は大変興味深かったです!私達の体を支えている骨、そして骨にくっついて身体を動かすための筋肉、私達の身体は当然ながらすべてつながっているので、一箇所に起きた些細な不具合が、長い時間をかけて成長して「痛み 」となり健康的生活を阻害することになるのです。

 接骨院や整骨院など、保険の適用のある治療院では、症状に対して緩和する施術を行う、対症療法が主だそうですが、人によっては、痛みの発端を探り、根本治療を目的とした施術を行うところもあるそうです。アロマセラピーは基本的にホリスティックアプローチなので、後者の方がやり方として近いのかな、と感じました。ただ、痛みなどに対する施術の手技的なものが、アロマセラピーとは全然違うな、という印象は受けました。

 休憩を挟んで実技の時間ということで、場所を移して、ベッドに寝た状態で、歪みのセルフチェック、または人にチェックするときの方法をレクチャーしていただきました。右がどうだと左がどうとか・・なれないとなかなか判断がつかず、私なんぞはすっかりこんがらがって しまいましたが、皆積極的に取り組んでいたようでした。そして「うぅ?っ 」とか「おぉ?っ 」悲鳴を上げたりしながらバランスを整えるストレッチなども教えてもらいました。

実技 4  実技 3  実技 2

 体のバランスの崩れがいかに多くの症状を引き起こしているのか、とか、たとえば腰痛に対してはどのような対処をするか、といったつっこんだお話も丁寧にしていただきました。また、参加者一人ひとりの写真を正面・後ろ・右・左と、4枚ずつ撮影して、先生は写真を見ながら各自の体のバランス、歪みなどをチェックしてくれました。超サービスです 皆すっかり自分の歪みに驚いて、先生は質問攻めに合ってしまいました。でも、人の身体を知るにはまずは自分から、ですものね。私は・・というと、上半身のバランスは素晴らしいけど下半身が外に開いちゃってる 、といわれました。手元に戻ってきた写真は足元を赤ペンで修正され、非常に残念な出来でありました ガックリ

実技 1  自らと向き合う

 アロマセラピストは、ホリスティックに見、ホリスティックに考える!と学ぶことが多いので、ついつい難しく考えてしまうことが多くなってしまいますが、もっとシンプルに目の前のお客様を見るべきだ、と以前先生に言われたことがあります。見えない部分に原因を求めるあまり、目の前のせっかく見えている部分がちゃんと見られていないこともあるかもしれない、と改めて感じました。時間が経つと忘れてしまう初心、やはり見直す機会があるのは大変ありがたいことです。これからもいろんな分野の人と関わり、お話を聞き、意見交換していきたいです。

 しずくてーるも無事5回目を終え、来年は何をするかで盛り上がりました。やりたいことはたくさんある!地域へのフィードバックも視野に入れつつ、決意を新たにするしずくたちでした。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード