あゝ雪国



 年末年始にずいぶん雪が少ないと思っておりましたがなんのその、怒涛の巻き返しで毎日雪に埋もれる青森です。毎日みるみるうちに雪がつもり、片付ける場所にも事欠く始末。フワフワして軽い雪なのですが、大変かさばります。しかしふわふわしているので、よ?く見ると雪の結晶を肉眼で見ることができます。

仰げば尊し 結晶の集い 雪化粧 2 雪化粧 1

 一面を白く覆ってしまう雪は、住民にとっては大変な「やっかい仕事」ですが、やはり美しいと感じるときも多いです。一寸先も見えないほどの激しい雪も自然の圧倒的な力を見せ付けられる感じがしますし、一瞬の晴れ間に太陽を浴びてキラキラ光る雪は宝石のように美しいと感じます。樹木にもっさりとのしかかる雪に枝の黒さが独特の美観を与えます。氷柱を透してみた景色は美しく歪んでみずみずしく輝きます。鼻頭に雪をつけて散歩しているワンちゃん、てっぺんにだけ雪を乗せ、ツッパリみたいになってる車、人ひとりが通れるだけのケモノ道、ほっぺを真っ赤にしつつナマ脚でがんばる女子高生など、雪国ならではの風物詩がたくさんあります。
ケモノ道 1 ケモノ道 2 チビつららら 埋もれ窯

 先日NHKの美の壺という番組で九谷焼の特集をやってましたが、九谷焼の有名な石川県も雪国。焼き物やお部屋造りに赤や金などの華やかな色や、細かい模様を取り入れて、雪に覆われる長い長い冬に華やかさを求めたという理由もあるのだそうです。

 この土地に生まれ、この土地で生きてきて、または様々な理由で住まなければならない場合、一番快適に過ごす方法はやはりそこのよさや美しさを見つけて楽しむことだと思います。いろいろ工夫してもどうにもならない大変さってありますが、思わず笑顔になってしまうような瞬間をたくさん見つけて、その思いを大事にしていきたいと思いました。

 それにしてもやはり雪は本当に大変ですね 今日、さゝらへの小道を車で通ったら、モソモソの雪になっていてタイヤは空回りして進まず 、近所のおじさんは「あちゃー」という顔 で眺める横を、行きつ戻りつを繰り返してやっと脱出しました 大変ヒヤヒヤしました。でも、先ほどブルが入って道路をきれいに片付けてくれたようですので、車でお越しの方はご心配なさらずに。

 明日は定休日ですが、ブルの置いていった雪を片付けることから一日が始まることになるでしょう。。しかたなし。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード