大MAGROCK

初マグロッック

 先日、大間町で反核イベントがありました。すごくすごく遠いと思っていたので行こうかどうか大変悩んだのですが、タイミング的にも今、見ておくべきだろうと思って決心しました 実際行ってみると片道3時間ちょい。思ったほどではありませんでした。尻谷崎の方へは行ったことありましたが大間方面はまったくはじめて。津軽海峡を右手に眺めてのドライブは、あいにくのお天気 でも十分美しかったです~  

 イベントが行われたのは「あさこはうす 」(⇒あさこはうすとは?)という所。大間原発開発に当たって、ただ一人土地を売らなかった方のお家のあるところでした。熊谷あさこさんご本人は今は亡くなり、今は娘さんのあつこさんが遺志を継いでいるそうです。行く前に聞いていた、「衝撃的な場所だよ 」という噂どおり、あさこはうすは、一般道路から1kmほど原発敷地内を歩いた先にありました。約1kmのその道は、大間原発があさこさんの家のためにつけた道路で、車1台が通れるほどの細い道で、3mくらいの高さのフェンスで両脇をがっちりガードされていました。

 大間原発はフルMOX燃料を使用する世界初の原発なのだそうです。今は建設が中断していますが、完成すると、あさこさんのお家からわずか200m先にはプルトニウムとウランのぎっしり詰まった炉心が・・

 駐車場は入り口からさらに30分ほど離れた岸壁にありました。駐車してある車は県内外、東京方面のナンバーもたくさんありました。遠いなぁ~ と思いながら歩いていると、一台の軽ワゴンが停まり、マグロック ですか?と聞かれ、そうだと答えると会場まで乗せてくれました

 その方は東京から来たそうですが、交通の不便を聞いて、ボランティアで送迎をしてくれていたそうでした。東京からわざわざ来たのに音楽やトークも聞けないなんてもったいなくないですか !?(送ってもらっといてなんですが )と聞くと、「や~、せっかくここまで来たんだから自分もなにかできることをしたいと思って。。」と 楽しいことはガマンして、ガソリン代をかけて自分の車を使って・・なんか大間が遠いなぁ~とか言ってた自分がとても申し訳なかったです

 全国で反核運動をしている様々な個性的なミュージシャン達 が、それぞれステキな演奏を聞かせてくれました。石巻で被災した「ちだ原人」も参加していました。津波で車ごと流されたそうでした。びっくりするほど色黒で個性的な風貌の彼は、避難所では神様みたいに拝まれていたらしいという噂も 歌を聴いていて、生きててくれて本当によかったなぁ~と思いました。

 イベントはまったくの無料、ミュージシャン達もノーギャラで、大間まで来る途中にも様々な支援活動を行ってきているようでした 彼らの感じ、訴えている危機感は、私などが考えているようなのほほんとしたものではありませんでした。現在と未来の安全と引き換えに、どんなものができようとしているのか、もっと地元の人が興味を持たなければいけないと感じました。

 住んでいる人がいてもあんな形で着工してしまうんだということも衝撃でした。あさこさんは土地を売らないにあたり、様々な試練を受けてきたそうでした 大金 を積まれても、様々な圧力を受けても守りたかったもの 半農半漁のおばちゃんが一人でふんばれたのは、子供達に安全で美しい大間の海や土地を残さなければいけないという思いがあったから。4人の子供の母として、大間の子供達、そして青森をはじめとする東北、みんなの母となって踏みとどまってくれて、その遺志を子供達がしっかり受け継ぎ、つないでいくのですね。

 あさこさん一人が立ち退かなかった為、原発の建設は何度も再検討され大幅に遅れたのだそうです。一人の力も決して小さくはないんだと改めて感じ、自分もあさこさんに守られた一人なんだと自覚をもって、生きていかなければならないんだな、と思いました。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

反核燃は地元の人たちより遠くからの応援が多いと聞きます。
40年国の政策でそうならざるを得なかった。
それを選んだのは私たちにも責任があります。
政治はよくわかりませんが
何かが起こってからでは手をうてない日本。
何かが起こっても人ごとのように手をこまねいて・・・。
脱化石燃料が理想でしょう。
しかし、それで生活をしている人もたくさん。
どのような生活がよいのでしょうね。

ありがとう!

こんばんは。
初めて大magrockの報告を読みました。ブログでこのコンサートの件は紹介していたので、結果がどうなったか気がかりでした。
ので、この報告、とても嬉しく読ませてもらいました!
本当にありがとう。
一人一人の力は小さくても、諦めてはいけないのですよね。
そこからまた芽が出て大きくなる事もあるのだから。
この記事、紹介してもよろしいでしょうか?!

Re: No title

akoさん。いつもコメントありがとうございますe-273

今まで、そんなに強硬に反核を意識してきたわけではなく、
無いに越したことはないんだろうけど・・ねぇ。。
程度だったもので、今回の大間は頭をガツンとやられたような感じでした。。
こんなに近いのに、ひとごとと思っていたってことなんですね。

町にとっては悪いことばかりではないのもよくわかりますが、
今回の福島の事故をきっかけに、もっといろいろ慎重に考えなければなりませんよね。。

Re: ありがとう!

yokoblueplanetさん、こんにちは。コメントありがとうございます!
yokoさんのところの様々な原子力関係の記事、時々読ませてもらっています。
知ろうとすることが第一歩なんだな、と感じます。

コンサートしてくれた皆さんはそれぞれが自分なりの思いをちゃんと伝えてくれていて、
とてもステキでした!みんな泥んこまみれになりながらも大変盛り上がりましたよe-399

写真がなくて申し訳ないのですが、ぜひご紹介いただければとおもいます~e-319

No title

そのフェンスは、あさこはうすを守るためか、封じるためか、見せしめのためか・・・
想像するだけで、冷え冷えとします。
このイベントがあったことも知りませんでした。
大切な記憶だと思います、教えてくれてありがとうございます。

Re: No title

フェンスは有無を言わせないようなリアルさがありましたよ~。
利害の複雑に絡み合ってしまっている今、
どうするのが一番よいのか、初心にもどって考えてみなければいけませんね。。

ありがとう。

ありがとう!
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード