陶芸教室体験レポート vol.2

お皿編

 くりのこみち窯の陶芸教室も2ラウンド目に突入しました。「作りたいもの」を優先させてくれるので、次は何を作ろうかと考えるのも楽しいです。お店で料理を頂くときも、ついつい器に目がいったり、自分で料理をするときも、こんなお皿があったら便利!とか、こんなときに使うお皿が欲しい!とかいろいろと想像が広がります。

 教室が始まる前は、お茶を飲みながらちょっとおしゃべり。先日は、スペインから帰省していたお友達からもらったお土産のお茶。私もすっかりファンになったカカオサンパカのお茶。葉が入った袋に小さな穴がたくさん開いていて、そのままカップにいれるだけ。なんか発想がちがうなぁ~。。お菓子は九州のお土産を分けてもらいました~。おしゃべりだけでも2時間くらいあっという間に過ぎそうです。。

オヤツ

 でも、そうもいってられないので、作業を始めます。あんこ好きのオーさんは和菓子などを乗せるお皿を、シーさんは梅干や薬味のせなど食卓で使う小皿を、私は貪欲に、カレーやパスタなどでもいける大き目のお皿を、それぞれ作りました。

 カップのときと同じ手びねりで、そして今回新たに「型」を使って作ってみました。粘土で型を作り、たたら機という粘土を薄く延ばす機会で板状粘土を作って型をとるという。同じ形のものを何個も欲しいときはこんなやり方もあるのだそうです。へらへらになった粘土を板に乗せてひっくり返すのはちょっぴりコツがいります。こみち先生の突っ込みもちょっと厳しく。ほんのちょっと。

型作り  念入りに削る  たたら機  こねこね

 タランとしたオーさんのお菓子皿。葉っぱのマークがいい感じにワビサビ感を出しています。こちらは型と手びねりと両方で挑戦。作るたび形がキマっていくのが楽しいですね。私はスープカップのイメージを引きずって、お皿にライオンの顔をつけたいとお願い。たてがみつきの形が気に入って、もう一個はヒマワリっぽい顔をつけてみました。シーさんはぽってりした小皿にお花のイメージを彫っていました。ん~いい感じ。

がおちゃん  マリちゃん  いいカーブ  お花模様


 教室が終わるとちょうどお昼の時間、ということもあり、その日はシーさんのお手製ピクニックランチを頂くことに!!大きな栗の木の下で、なかよくランチ。こみち先生お手製食パンにエビフライやらポテトサラダやらいろいろ盛りだくさんに挟み込んでほおばります。

ピクニックランチ~  ステキサンド

 栗の木に囲まれておしゃべりしながら過ごす陶芸教室は貴重な癒しの空間なのでした。器が完成したらお披露目食事会をしたいね!という話でもまた盛り上がり。初心者三人組の冒険はまだまだ続く・・

 新入生随時募集中であります!われも混じりたいぜよという方、どうぞご遠慮なく栗のこみち窯の門をノックしてくださいませ!お待ちしておりま~す

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード