水蒸気蒸留見学

精油の作り方

 少し時間がたってしまいましたが、先日、ラベンダーの精油の蒸留を見学に行ってきました!昨年末にしずくてーるで精油の分析実習でお邪魔した産業技術センター。お引越しして今はくさぶえ温泉の近く。私を含め、2名のお仲間とお邪魔してきました。

 弘前の街路に植えてあるラベンダーをもらったそうで、きれいに洗って冷蔵庫で保管していたバケツいっぱいのラベンダー。蒸留器はガラス製で、あまり場所もとらず、とてもシンプルな構造でした。
ラベンダー  蒸留器  蒸留器 未ハーブ

 今回は100gのラベンダーを400ccのお水で蒸留していきます。100gのハーブから採られる精油は1~2mlってとこでしょう・・というお話でした。ハーブを量って容器に入れます。そしてハーブが熱せられたときに、飛んで冷却器のほうに入っていかないように上にはガーゼを乗せていました。熱を加えていくと、どんどんハーブの色が変わっていきます。下のお水の色も濃くなっていきます。
ガーゼを敷く  蒸留j開始すぐ  蒸留中盤  蒸留終盤  

 抽出するときは高温で一気にガーッとやるよりも、ゆっくり時間をかけたほうが抽出効率がよいのだそうです。また、熱に弱いものは、減圧して水の沸点を低くして抽出すると言う方法もあるのだそうです。知らなんだ。ラベンダーの入った容器から水蒸気が立ち上り、クルクル渦巻きになった冷却器へと流れていきます。冷却器には水道からホースをつないで水を流しっぱなしにします。そうすることで熱い水蒸気が冷やされ蒸留水が出来上がるのです。
冷却器  ポタッと  油分が玉に・・  オイル感  
 ポタッと一滴たれているところを写真に撮りたかったのですが、やはり決定的瞬間を取るのは難しいですね。しかし、カメラを持っていったのにカードが入ってなくて撮影できず、仕方なくケータイで撮ったのですが、新しい機種に変えたばかりだったので写真がキレイでびっくりしました!よかった~。

 最初の一滴の瞬間は、皆ちょっと興奮しました!なんかがんばって出てきたんだなっという感じがして妙にいじらしく見えました。そして冷却器のなかのうずまきを、行きつ戻りつしている姿もなんだかためらっているように見えてかわいかったです。感情移入しすぎ!??でも第2陣で行った人もなんなふうに感じたといっていました。

 水分と油分が一緒になって出てきますが、一番絞り的な蒸留水はやはりオイルの含有量が多く、ビーカーの表面にはうっすらとオイルの層ができていました。香りも青々として温かみがあり、新鮮!ってかんじでした。オイル感が強いので、水滴がキレイな玉になって見えていました。2番絞り以降はオイル感も弱く、香りもやわらかくなっていきました。取れる蒸留水は最初に入れる水の量によるそうで、50cc程度の蒸留水を4回とって、本日の蒸留は終了~~。 

抽出終了

 蒸留水は産業センター山口さんのご好意により、分けていただきまして、みんなでお持ち帰りさせてもらいました!以前蒸留を見学したのは富良野のラベンダー畑。そのときは人が数人入れそうなでっかいタンクでジャンジャン蒸留していたのですが、それはもうスゴイ香りと迫力で圧倒されるものでした。でも今回のように、最初の一滴を今か今かと待ちわびて見る蒸留もまたオツなもので、精油への愛着がまた深まるような気がしました~~。少ないハーブでも蒸留できるところも魅力です。あれもこれも蒸留してみたい気分になってしまいます!

 ステキな機会に感謝感謝です!ありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード