津軽森

岩木山麓のクラフト市

 先日、岩木山の麓、アソベの森にて津軽森というクラフトイベントがありました。今年はAlineをゆっくり見れなそうなので、こちらをゆっくりと。新緑の中、小さなテントがあちこちに。かなりの広さのスペースに、100~150くらいのお店が出店していたと思います。食べ物やさんは少なめでしたが、果物を漬け込んだシロップのソーダ割りとか、ナッツのタルトとか、なんだかオシャレな出店が多くて、どこのお店なのかな?と思うと青森市内や弘前、五戸など、地元のお店ばかりでした
津軽森3  津軽森2  津軽森1  津軽森5

 クラフト市は近年めっきりメジャーになりましたが、そのぶん、似たような雰囲気のものが増えて逆に「これ!」というものを見つけられない ことが増えていたように思いましたが、今回いろいろ見てみて、また変化してきているのかな、という印象を受けました。個性が強く、完成度が高いな~と思うものが多かったような気がします。あくまでも個人の感想です!何の根拠もありませんのであしからず

 個性的なものは好みがわかれてしまうので、間口が狭くなってしまうのかな?とも思いますが、間口を広げるため幅広いものを置くと、個性が薄まってしまうような気がします。しかし、また、個性とは追求すれば追及するほど深まり、角が取れていくものでもあります。なので、実は間口の問題はあまり関係ないのかも知れません いや、それもいろいろあるか よくわからなくなってきましたが、あっ!と注意を引かれるものには何かある!と思いますので、いったん立ち止まって、手にとって見るようにしています いよいよ欲しい!と思ったら、値段を見てから、実際に使っているところや、飾っているところを想像してみます そうするとどうしても欲しくなってしまうんですけどね 無い袖は振れませんから

 出店している人も、今の人たちのニーズをよく考えて商品を作っているな、と感じるものも数多くあり、作り手というのは作っているだけじゃダメなんですね、と思いました。私も7月後半のHocro展に向けてふんどしを締めなおさなければ(ふんどし!?)ならないと感じました。なんといってもお天気もよく、空気のとってもキレイな岩木山の麓でゆっくりできたのもよかったです!   

津軽森4  津軽森6  津軽森7  戦利品


 ところで先日、なんとも残念な事件が起こりました。春のアイドル、さゝらのたけのこが、拉致されたのです!!!入り口付近に生えてきて、成長を楽しむために取らないでおこう、と、わざわざ残しておいたものを、誰かがボッキリ折って持っていったのです!許せん!!たけのこ一本・・と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、さゝらのたけのこは孟宗筍で、直径10cmほど、長さは30cmほどに成長した、まずまず立派な一本です。いつもはお客様とともに眺めたりなでたりして成長を楽しみ、収穫してランチで味わい、と、誠実に付き合ってきたのです。しかも今年は例年に比べてたけのこ自体が少なく、ただでさえ貴重だったのに。

 聞いたらお隣さんも畑の野菜を持っていかれたことがあるそうです。花盗人は罰せられないという話もありますが、ダメでしょ~~!!手塩にかけた野菜を勝手に取っていくなんて!たけのこは自然に生えてきますが、人の敷地内から勝手に取るなんてダメに決まってます!そんな風に食べたたけのこを、おいしいと思うのでしょうか。とっても悲しい出来事でした。。生々しい切り口写真を載せますが、すずらんの可憐な姿で中和してください。

このこたけのこ  ガイ者  すずらんちゃん


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード