お芽出たき日

双葉ちゃん 

 なんだかんだとあわただしい5月初め。皆様いかがお過ごしでしょうか。ちょっと前までは夜になるとやっぱり寒いな、と思っていましたが、夜がだいぶぬるくなってきましたね。お外に繰り出す回数も増えていくのでしょうか。

 私は今年は畑女子なので、早寝早起きで頑張りたいとは思っていますが、はてさて。ポットに種植えした子たちは続々芽を出してきました。真っ先に出てきたのはブロッコリーさん。アブラナ科。小っちゃい種なのに、大したものです。そして矢車草、しばらくしてモロヘイヤも弱々しく芽を出しました。立派な双葉ちゃんたちを、説明書きによると、本葉が5~6枚出てから移植せよとのことだったのですが待ちきれずに本葉がでる直前に移植してしまいました。

 しかしその後、全然雨が降らないので、種を植えたはいいがお水が足りないのではないかと気をもみながらも、タイミングや水問題のため結局は一日一回しか様子を見に行けてませんでした。そうこうしているうちに冷たい雨が降り、水問題は解消したものの、寒さで凍えて芽が出てこないんじゃないかとか、移植した双葉たちもすっかり元気をなくしているのではないかと、まるで親心のように心配をしていました。

 ところが冷たい雨を経ての今日、訪れてみると、双葉たちにも本葉がのぞいていたし、サラダ大根とわさび菜のところに双葉がびっしり!あんな小さな種だったのに、なんて生命力なんだ!種植えの時、最後のほうに手のしわにくっついてた細かい種をパッパッとまいたのも、ぜ~んぶ根がでちゃったのかな?というほどの密集感でした。アブラナ科強いなぁ。

芽が出たぞ~  直植えも続々 2  直植えも続々 1

 とても窮屈そうだったのでかわいい双葉たちを、心を鬼にして間引きまくりました。でもひとつには絞り切れず、4~6本くらいずつは残してしまいました。もっと大きくなったらまたつらい決断を下さなければならない。でもこれはおいしい野菜を食べるためなんだからやらなくてはいけません。本当はみんなに大きくなってほしいけどね。これが現実ということです。

 なかなか芽が出てこなかったパプリカもようやく重い腰を上げようとしているみたい。芽が出ないかな~~と思っていた落花生。今日お水をかけた時にピーナツの背中みたいなのが見えたけど、かなり大きく見えたので違うだろうと取り除こうとしたら、今にも芽を出そうとしているピーナツさんご本人でした。3倍くらいの大きさに膨れていました。そうか。土の中で静かに成長していたんですね。

 今まで畑と縁がなかったわけではないのですが、せいぜい苗で植えたり、できたものを収穫しに行ったりする事が多かったので芽吹きにこんなにドラマを感じるとは思いませんでした。やっぱり種植えは植物を育てるうえで一番の変化の時期と言えるかもしれませんものね。

 アスパラも今年植えようとしているのですが、アスパラは今年はポットのまま越冬し、来年地植えするのだそうです。そしてアスパラが取れるのはまた次の年。しかも3本程度。そしてそれはとらずにそのまま成長させる。でそのまた次の年は10本ほど。これも全部取りつくしてはいけないそうです。じゃんじゃんとれるようになるのはなんと5年後。気の長い話だ~~。それから10年くらいはとり放題取れる、と説明書きにはありましたが、そんなにうまくいくのかな~~??でも今やらないと5年後もないし。ウンともスンともいわないアスパラのポットを眺めながら、君たちとは長い付き合いになりそうだね、と話しかける初心者畑女子でした。

 今日は弘前のお花見写真でお別れです。ではごきげんよう~~。
花筏  城バック  イチョウの古木と桜  コントラスト



 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード