Pooh子たちの宴

今シーズン最後のPooh仕事

 すっかりアウトドア気取りの今日この頃です。だいぶ涼しくなりましたが、皆様いかがお過ごしですか?今年の夏も終わってしまいますね。私は後半ばしらぎすぎたせいか、季節の変わり目の喘息っぽい咳が出てきてしまいました。家族には自己管理がなっていないと、憐れみを含んだ白い目で見られて肩身の狭い思いです。

 しかし、ほぼ毎年患っているものですから、改善できないわたくしが悪うございます。はい。返す言葉もございません。気管を鍛えればいいと聞いて、ちょっと口をすぼめて強く息を吐くという、血圧の上がりそうなことも試してみました。一時的にはいいみたいですが。咳が出るのは言いたいことが言えてないからだ、という話も聞いたことがあります。でも、私の場合、しゃべると咳が出るので、妙に声が小さくなったり、微妙に無口になったりと、普段通りできないのがもどかしいです。まぁ縄文イベントも無事終わったのでひと段落ですが。

縄文ディスプレイ  キャンドル 縄文にて

 でもだからといって、行動を制限されるわけではありません。今シーズン最後のハチミツ採りがあると聞き、そのあとに宴もあると聞いてブ~ンとひとっとび。田茂木野の例の農園にお邪魔してきました。農園ではダリアがきれいに咲き誇っていました。色も形も大きさも様々、甘い蜜が取れるのかな。赤い茎のソバや、珍しい、五色のドクダミもありました。

 ダリア2  ダリア1  ソバ  五色のドクダミ

 さてさて、今日も蜂さんにノックでお知らせしてから巣箱をはずして小屋の中へ。巣の中の溝のようなものは、蜂さんの通り道。角まで上手に無駄なく使っています。今回の発見は、蜜のお部屋の中に、花粉のお部屋が混じっていたこと。花粉は貴重なタンパク源なのだそうです。蜂は自分の体の中から蝋を出して巣を作るそうですが、たまに再利用もするそうで、古い巣は色が黒っぽく、新しいのは薄い黄色。カリスマ主婦並みの節約術。
 
角も上手に  日本ミツバチ  グラデーション

 
 解体した巣を網で吊るして、Let’s宴会!!
 この辺の人はご近所仲がとってもいいみたい。みんなそれぞれの技術や労働力を提供し合って、とっても楽しそうなお仲間たちです。5名ほどの養蜂家さんに、6名のPooh子たちが加わり、料理をしながら飲みながら、宴のはじまりはじまり。今回、料理は養蜂家さんのほうでご用意して下さいました。畑の茗荷で味噌の取り立てハチミツをまぜて田楽にしたり、コーンやジャガイモを網焼きにしたり。もらいもんだ、といいながらでっかいワタリガニやらマツタケやらサンマやら、とどまることなく出てきます。

さんまよさんま  マツタケさんこんにちは  ワタリガニでござい  ハチミツとクリームチーズ

 パンにクリームチーズと取れたてのハチミツをかけて。ほっぺたが落ちるほどおいしかったです。取りたてのシソや茗荷、ねぎを薬味にしたそうめん、天ぷら、イワナのナメロウ、イカ焼き。。。ワタリガニを食べたいと思ったんだけど、カニを食べることがあまりなく、どこから手を付けたものやら。。周りの人から手ほどきを受けながら、幼稚園児並みの指使いでたどたどしくカニを食らう私。黒スズメバチが隣に舞い降りて蜜を吸おうが、イカやナメロウを丸めて持ち去ろうが、無心にカニと戯れる午後でした。よきかな。

蜜を吸う黒スズメバチ  カニ食べるの下手  微笑みのラッキー




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード