秋の収穫祭

嵐の第二回目
 
 少し前になりますが、第二回目の収穫祭をしました!秋の収穫祭ということで、栗やかぼちゃ、大根、ねぎなどを使って。私は前にテレビで見て以来すっかりお気に入りになった、参鶏湯を作ることにしました。炊飯ジャーで作る参鶏湯、丸ごとの雛鳥ではなく、鶏のもも肉を使います。皮ごと煮込むので、コラーゲンもたくさん出て、心と体を温めるお味。

 大根、ねぎ、ごぼうは大き目に切って、鶏もも肉には私は塩を塗ってから、青森産新米、栗、くこの実をギュッと入れて竹串で端を閉じます。後は野菜もろともジャーに入れてスープを満たして八角、生姜を入れてスイッチポン、1時間ほどぐつぐつやってるととっても柔らかな仕上がりになります。どこかのカリスマ主婦のレシピだそうです。

 サラダは水菜にごぼうを素揚げしたチップをのせて、韓国のりをたっぷり。ワインビネガーとごま油で作ったというドレッシングもとってもおいしくて、お酒がじゃんじゃん進んでしまいます。ごろごろ野菜のチキンカレーも持ってきてくれました。

栗の降る季節  畑のキノコ  秋の収穫祭~

 写真のキノコは畑に大量に発生していたもの。食べないでおきますけど。たべられたらいいのにな。

 次なるメニューは野菜のパエリア。いつもはカラス貝やイカ、エビ、もしくは鶏肉など、動物性のだしを頼りに作るのですが、今回は野菜だけ。だしをどうするか・・ということで、せんべい汁をお手本に、ごぼうとキノコをたっぷり入れて、ジャガイモ、玉ねぎなど味の出そうな野菜をチョイス。上に南瓜を飾って完成!味付けは塩だけだけど、十分おいしくできましたよ!

参鶏湯ジャー!  ごぼうチップと韓国のりのサラダ!  野菜のパエリア

 そしてスペシャル企画、山田ファームさんの、青森産の無農薬のコシヒカリ!青森ではコシヒカリは作れないだろうといわれていたのに、いろいろ研究して、北限のコシヒカリの生産にこぎつけたそうです。無農薬なので、米ぬかもつかえるじゃないの!ということでわがままを言いましたら米ぬかも分けてくれました!来年は料理にも使ってみたいけど、今年はパックやお風呂で使おうぞ!と。アロマ仲間にも分けたところ、石鹸にしたり、お風呂で使ってみたりで、あおもりアロマの可能性がまた一つ広がりそうでわくわくします。

 コシヒカリは、料理しちゃうのはもったいないので、炊きたてをそのまま、そして大根おろしや鰹節で、参鶏湯の汁をかけて、チキンカレーをかけて、と、あらゆる方法で食しました。香ばしい香りや舌触りがほかのお米とはやはり違うな、と、ご飯好きの私はしつこく味わうのでした。

野菜のゼリー寄せ  あたたま~る  コイケさん風モンブラン  生ピーナッツ

 デザートは山栗とあおもりハニーのモンブラン、ラフランスのコンポート。もう!デザートまで完璧じゃないですか!しかし、モンブランのニョロニョロをやろうとしたら、絞り袋の口の関係か、美しい縞模様ではなく、チキンラーメンのようなちじれっ毛になってしまいました!力余ってう○こ状にぼとっと落ちたり。ネタが満載やな、ほんま。ちょっぴりだけとれた生ピーナッツも塩ゆでで。

 今回は大人6名子供2名の参加の予定だったのでご飯もたくさん炊いたんだけど、キャンセル相次ぎ三人に!どうすんだよ、この大量の料理!しかし、心配ご無用、ちゃんとばっちり食べました。いつもと大差ない程度にたべきりました。収穫祭に参加してみたいといっていた父も、野菜の美しいゼリー寄せを持ってきてくれたものの、集まりも遅かったので料理だけおいていってくれました。また来年!
 
 秋の収穫祭も絶対楽しめることが分かったので、来年も絶対やるっぞ~~!!

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード