寒仕込み

毛マメで挑戦

 穏やかな日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。朝起きて窓の外を見て雪が積もっていないとほっとして布団に戻って少し寝ます。ほんの20分程度の二度寝が何より心地よい今日この頃です。

 先日、味噌を作ってきました!味噌を作るのは私は2回目。今回の原料は、大豆ではなく毛マメ!毛マメで味噌ができるのか!と思いましたが、豆は豆ですからきっとできるのでしょう。麹は乾燥の玄米麹。そのままかじっても、香ばしくておいしい。作成場所は、後潟の農業ふれあいセンター。こちらでは毎年味噌作りをしているそうで、設備が一式きちんとそろっていました。

塩と麹  玄米麹 ドライ  マメ蒸し汁

 今回は、約25キロのお豆を仕込みます。まずは豆を蒸し、麹はボウルに入れます。玄米麹は普通の麹よりも少し固いそうで、豆の茹で汁というか蒸し汁を注いで少しふやかします。聞くと、この茹で汁がお肌にとってもいいんだそうです。大豆たんぱくのおかげで手や顔に塗るとつやつやになったり、飲んでもいいとか。飲むとお豆の優しい甘みがあり、おいしかったです。よく見ると茹で汁ボウルに、豆を見守る天使が二人・・

 蒸しあがった豆を台にあけて少し冷まします。魔法使いの鍋を混ぜるヘラのような大きなへらでよいしょよいしょとかき混ぜます。蒸したての毛マメも柔らかくておいし~~!濃厚な味わい。そして豆、麹、塩の順番で重ねてから、全体を混ぜ込みます。この時、素手で混ぜると手の菌も入るのでおいしくなるということです。今回は有志8名の菌入り。

毛マメちゃん  塩on麹onマメ  マメと塩と麹  手の菌も混ぜる

 そして、よ~く混ざったところで今度はそれらをミンチにします。ミンチ器で。普段はニョロニョロとモンブランのようなものが出てくるそうですが、今回はボロボロと崩れる感じ。麹の違いか。重さを計って各自の持ち帰り用に仕分けします。そして、おにぎりのように丸めて、ビタン!と力強く入れ物に打ちつけます。こうして空気を抜くそうです。普段ストレスが溜まっていないからか、要領が悪いからか、私はビタン!があまりうまくできませんでした。ポスン!と打ってはコブシでぎゅぅぎゅぅ詰めました。

ミソミンチ  みそにぎり  ギュウギュウにつめる  表面をならす

 表面をきれいに平らにして、塩を振りかけて、塩水に浸けたクッキングペーパーで蓋をします。ビニール袋の口を閉じて仕込みは完了!!で、いつ食べられるのですか、と問うたらば、土用の丑の日あたりに天地返しをすると。その時に味見してみてもいいかもね、ということでした。夏かぁ~。先だなぁ。でも一年寝かせた方がもっとおいしいし、3年くらい寝かせるともっともっとおいしいかも、ということでしたので、来年はもう少し多めに仕込んでみようかな

 ところで、私は味噌汁をあまり飲みません。あれば飲みますが、自分ではあまり作らないのです。でもこうして味噌を作った今、味噌をおいしく手軽に食べるにはやはり味噌汁だろうと感じています。来年まではおいしいかどうかも分からないというのに、今年は畑に大豆を植えようと目論んでいるのであります何でも手作りがおいしいとは限らないと思いますが、意外と難しくなかったところがよかったのかも。早く食べたいな♪♪

寒仕込み完了!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード