スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑始動に向けて

&あおもりブレンド決定戦

 今年は温かいので、畑の仕事は早め早めに、と思っていたのですが、お天気と仕事の兼ね合いがあるので予定通りにはいかないところがもどかしいですが、ひとまず耕しました!

 自然農法の本によると、種まきの2週間くらい前までには土起こしをしておけと。やばいよやばいよ、と思いながら、何とか父と、妹の旦那さんに手伝ってもらって耕運終了。撒いたのは、有機石灰(牡蠣殻)、木灰、米ぬか、腐葉土、有機配合肥料。白や黄色のカラフルなパウダーをまんべんなくまいていきます。そしてミニ耕耘機で耕していきます。冬の間、雪の下で圧迫された土は、空気と肥料を混ぜられてふんわりと気持ち良い感触になりました。今年も一年よろしく。本気帽子を買いました。

米ぬか  土に栄養  こつこつと。  平らにならす

 本当は雑草を取らない100%自然農法・・と思っていたので、嫌になってしまったら元も子もないので、3分の2くらいはマルチを敷いて雑草を防ぎます。3分の1は頑張ってみます。さぁ、後は種植えるだけだね、と思いきや。今年は全部種からなので、前もって芽を出しておかなければならないのもありました!説明書きを見ると、60日前に種植えしろ、と書いてありました。2か月前。まじか。時間を戻せない。

マルチを敷く  今年の選手一同  た~ね~まきまき  ついつい4種類

 ということで、遅まきながら、種を。エコポットに土を入れ、ズボッと指で刺します。そこに数個の種を落として軽く土をかぶせ、種が浮いてこないようにちょろちょろ~っと水をかけます。外はまだ寒かったので、家の中に入れ、昼間だけ外で太陽に温めてもらいます。新月の日に・・とか思っていたけど、タイミングが合わなかったので、普通に寒い日にやっつけちゃいました。さてさてどうなることやら。

ひとつずつ植えましょう  ニラの種  トマトの種  カレンでゅらの種

 そんな畑作業と並行して、先週末はあおもりアロマ研究会の第11回例会。お題は、あおもりブレンド決定戦。青森産の精油を用いたブレンド。ということで、有志の提案してくれたブレンド6種の中から、厳選なる投票により、1位と2位を決定いたしました。一つはあおもりクロモジ、七戸ラベンダー、あおもりヒバの3種を含むブレンド、そしてもう一つはヒバのフレンド。

エンドウの種  インゲンの種  あおもりアロマ例会の準備  ブレンド決定戦

 アロマセラピストならだれでもぶち当たるブレンドという壁。楽しくも難しい道のりです。個性の強い精油ほどブレンドが難しいといわれますが、やはりそういう香りに出会うと闘志がわいてきます。今回エントリーしたのはどれも選び難い素晴らしい香りでしたが、その中でも選ばれた2種は意外性とアピール力があったと思います。早く皆さんにもかいでもらいたいな!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。