森のお散歩会

ボンジュール梵珠さん

 先日、チキサニの森さん主催の森のお散歩会に参加してきました。実はいまだ登ったことのない、梵珠山が今回の森でした。ハードな登りはできないしあまりやりたくないので、植物を観察しながら、ゆっくりお散歩スタイルで山を歩くのは私の願望通り!ゆとりの気持ちで参加することができました。

 ちょうどお祭りがあったようで、なかなかにぎわっていました。それを横目に、私たちはその集団とかぶらないルートで。ルートはしっかり舗装されていて、雨の後でしたが全く問題ありませんでした。通り過ぎる人たちに挨拶するのが山の流儀のようで、みんな気さくに声を掛け合います。

 いざ!  ゲンノショウコ  チヂミザサ  ツルアリドオシ

 昔はお寺などもあり霊山的場所でもあったという名残なのか、大きな鳥居が。一礼をしてから入山します。さっそく足元にご注目。言われて初めて気が付いた、雑草たちについてのご説明。森の底辺を支えている葉っぱたちです。みんな名前があって、薬効もあったり。まさに和ハーブワールドでした。

 朴の実とマムシグサ  ブナの葉と春楡の葉の違い  生態系  オヒョウの葉っぱ

 今頃山に入るとよく見かけるオレンジの南国的植物はマムシグサというそうです。茎に特徴あり。ごろっとグロテスクな朴の実もちらほら。山栗のイガイガや、トチの実もたくさん。チキサニとはアイヌ語でハルニレのことなんだそうです。英語ではエルム。ブナの葉と似てるのかな?と思って聞くと、並べてみて違いを説明してくれました。

 お散歩  エンレイソウの実  あるブナの後ろ側  紅葉のオオカメノキ

 本当にいろんな木、草、鳥の声。雨や風でざわざわしたり、森はとってもにぎやかだけど、心が落ち着くざわめきでした。若い木ばかりたくさんあるよりも、古い大木が混じっている方がいいのだと。大木は枯れて中に洞ができたり、キツツキがつついてあけた穴に小動物が住んだりして生態系を豊かにしてくれるのだそうです。いろんな木があるだけではだめなのですね。

道標  ビッグなブナ  土アケビ  サンゴみたい

 赤いバナナみたいなのは土アケビ。珍しいそうです。おしゃべりしていると、チサキニの森の玉熊さんの樹木愛がジワジワ伝わり、私たちも愛しい気持ちで植物を見ることができたと思います。散策道沿いにある大きなブナの木のふもとで、少しの時間過ごしました。おしゃべりも楽しいけど、じっと木の根元に座って幹に触れていると、いろんな思いが浮かんでは消え、浮かんでは消え、ほんの少しの時間でたくさんのことを考えたような気がしました。

 初めてのお散歩会。自然の楽しみ方を教えてもらえてとても有意義に過ごすことができました。またゆっくり梵珠山にお散歩に行きたいです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード