異文化コミュニケーション

コミュニケーションとスピード

 いや?雪降ってますね積もってますね? 雪だるま 雪見桜?!

 先日本場アフリカのミュージシャンのをライブとワークショップを受けに行ってきました。日本人2人+アフリカ人2人のパーカッショングループ、Landaya X。何が違うって、ノリ?パワー?音??すべてが異文化な感じでした。身体に入っているリズムが違う感じ。。とはいっても、日本に何年か在住しているそうで、想像以上にjumee☆Olympic3Ljumee☆Olympic3R 日本語ぺラぺラでしたが。それだけに、感覚の違いみたいなのが浮き立って見えたのかも。生活の背景が違えば、文化や習慣も違ってあたりまえですよね。でも音楽を楽しんだり、ダンスマン2 たくなる気持ちは同じ、そして、コミュニケーションをとりたいな、と思う気持ちも一緒なんだな nico  と感じました。

 お友達がカウチサーフィンに登録していて、旅行できていたカウチサーファーを連れて、先日遊びに来てくれました。カウチサーフィンとは:カウチはソファなど大きな椅子のことで、旅行者にカウチ、つまり、寝る場所を無料で提供する、またはその逆、というシステムです。カウチサーフィンのサイトに登録すると誰でもできるそうです。もちろん厳重なセキュリティシステムがあって、危険な人は登録できないようになっているそうですが。そのサイトの目的は、ただ単に無料の宿泊場所を提供するのではなく、異文化交流 回転 から生まれる、幅広い知識を共有すること、人と人手をつなぐ 世界の新しいつながり方 ふたば の提案をしているのだそうです。

 初めて話を聞いたときは、どんな人が来るかわからないからコワいんじゃないか!?と思っていましたが、ちょこちょこ訪れるカウチサーファーはとってもいい感じ むふっw の人達ばかりのようです。今回の方はカナダからのお客様。5週間かけて日本中を旅しているそう。普通に生活してたら絶対接点がないであろう人が出会う。とってもエキサイティング ぷしゅ?! ですが、それを楽しむ為には、自分にもしっかりとした備えが必要です。

 スピードを求められるこの時代、プライベートな出会いの中でも、ゆっくり ストップウォッチ をかけて相手を知ろうとか、自分を知ってもらおうというのでは、追いつかない部分があるのかもしれません。一つの出会いをつなげるか、楽しい思い出として終わらせるかは、結局その短時間のコミュニケーションにかかってくるわけです。時間をかけるのは後から、まずはどれだけ簡潔に「自分」を表現できるか、どれだけ短時間で「相手」の発するものをキャッチできるか。実は自分、結構苦手な部分であります おばけ。 楽しいhappyとそれで満足しちゃって、ボ?ッとしていることが多いので、本気で気をつけなければと思っている部分ですあせ

 時代と共に変わってきているもの・・コミュニケーションのスピードときっかけ、そしてその先にあるのは、時代を経ても変わらない、信頼や友情、愛情。辿り着くところが同じなら、そこに至るプロセスは結局人それぞれってことになるのかもしれませんね オッケー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スピード・・・。
確かに感じますが、それゆえ
いろいろな問題も生じてくることも
あるかな・・・・?と思います。
年を重ねるごとにゆっくりゆっくりも
いいことがたくさんある気がします。

そうですね。。

確かに早いと見落とすことも多いですよね。

「スピード」という言葉はちょっと語弊があったかもしれませんv-356限られた時間の中で自分の意見を上手にまとめて言えるためには、日ごろの心がけが大切ですよね。

そのカナダの方が言うところによると、
「欧米などでは、発言を理解するかどうかは発言者の責任だけど、アジアでは聞いているほうの責任になる。だから聞くほうは理解するまで聞き返したり推し量ったりしなくてはならない。文化の違いだとは思うけど、それは時間がかかるんじゃないか?と。発言者が聞き手がわかるように伝える方が早いんじゃないか?」と。

禅問答などがあるように、アジアの文化は「訊いて、答えてe-518」という中で、お互いを理解していく楽しみを見出す傾向にあるのでしょうか。

でも上手く答えられなかったのです~e-259くやしい。。

じっくり味わうほうが自分には向いていると思いますe-250

デザイン、変わったねぇ~。
読むほうも楽しくなっちゃう!

解説ありがとうございます。
とてもよくわかりました。
言葉は奥深いですね。
文化の違いも興味深いです。


そうなの!まさかのカエルテンプレート発見!!
かわいいよね~v-10

Re: タイトルなし

言葉が足りなくて失礼しました!
文化の違い、コミュニケーションの中で感じるのはとても刺激的ですね~e-267
プロフィール

ラナ・クラクラ

Author:ラナ・クラクラ
 木の香り漂う「隠れ家」アロマセラピートリートメントルームです。より元気になるアロマセラピーを目指して日々精進しております。ぜひ一度遊びに来てくださいね!詳細は下の、「お店ご案内」の項目をご覧下さい。

 さゝらカフェ情報も随時アップしております。

 また、八戸から先生をお招きして、アフリカンタイコ「ジェンベ」のワークショップを毎月開催しております。ご興味のある方はぜひご連絡ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード